« やはりなんと言いますか役割と言うものが・・・ | トップページ | たんたかたん »

2009年7月22日 (水)

ちょっと微妙なE-P1

オリンパス初のマイクロフォーサーズ機であるE-P1は発売早々かなりの人気のようである。

リンク:オリンパス「E-P1」出足好調 「EOS Kiss X3」に鼻差で迫る2位発進

私もヨドバシの店頭で触ってみた。さすがに予想通りの質感は非常に上質感が高い。

でも。

私が描いていた「PEN」のイメージとはちょっと違うなあと言う印象なのだ。
その第一は大きさ。下は私が持っているPanasonic DMC-G1と並べて撮られた画像であるが、ほとんど横幅は同じである。思ったより小さくないのだ。

image

そして金属のボディのせいか、見た目のスリムな印象と違って、持ってみると結構ずっしりと重い。

昔の「PEN」は小型のハーフサイズカメラで、片手で持って撮影できるカメラと言う感じだったのだが、これはどちらかと言うと昔の一眼レフに近いと思った。

でも使い勝手は決して一眼レフではない。まず、ファインダーがない。

使い勝手は今風のコンデジに近く、でもその外観の上質感、そして秘めている機能と性能は決して単なるコンパクトカメラではない。

私はそこをコンセプトが良くわからない中途半端さに感じてしまった。これは裏を返せば、コンデジの気楽さで取れる高性能カメラと言う感じ方ができて良いはずなのに。

多分、それは私が昔の「PEN」の先入観を適用しようとしているからなのかも知れない。

今非常に人気と言うのは、このカメラのどこを魅力的と皆感じているのだろうか?

|

« やはりなんと言いますか役割と言うものが・・・ | トップページ | たんたかたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはりなんと言いますか役割と言うものが・・・ | トップページ | たんたかたん »