« 「スタートレック」 | トップページ | もう一つのヨコハマ »

2009年6月14日 (日)

夜景の練習

光るパネル
光るパネル posted by (C)TODO

新しく出来た象の鼻パークでの1枚。

この写真はISO400でシャッタースピードは1.3秒だった。人が適度にブレたのが割といい感じかと、これは後からそう思ったから採用したまでなのだが、だいたいの場合これは失敗写真であろう。

夜景の場合、人のような動く被写体を入れるかどうかで撮り方を変えなくてはいけない。この写真で人をブラさずに撮るにはISOをもっと上げるか絞りを開けなくてはいけないのだが、この写真のF値は何故かF8.0。被写界深度を深くしてパネルと人の両方にピントを合わせたかったと言う意図が、これを撮った時に私にあったかと聞かれれば、多分そこまで考えていなかった。

この写真の場合はもうちょっと解放にしてシャッタースピードを稼ぐべきではなかったかとも思う。ついでにISOも800で大丈夫だったかも知れない。

この1枚はどうにも中途半端なセッティングで、大いに反省材料となった。

どうも私の場合、じっくりセッティングして撮ると言うことがなかなか出来ず、良いと思ったら取りあえずシャッターを押してしまう傾向があることに気付いている。

場合によってはそういう瞬発性も必要だが、夜景のような写真では、もうちょっと腰を据える癖もつけねばなるまい。

それとやっぱり三脚が必要だな!(笑)

|

« 「スタートレック」 | トップページ | もう一つのヨコハマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/45339387

この記事へのトラックバック一覧です: 夜景の練習:

« 「スタートレック」 | トップページ | もう一つのヨコハマ »