« 仏壇内蔵ケータイ | トップページ | パナソニックDMC-G1が第2位と健闘 »

2009年6月 1日 (月)

就活アドバイス メール編

仕事柄、就活する学生からのメールを良く受けるのだが、中にはイタいメールもあって、こっちも忙しいからいちいち老婆心発揮してアドバイスして上げることもないので、思いついたことを書いておこう。

就活中の学生諸君が、ひょんなことでこのブログに迷い込んで役立ててくれれば幸甚である。

1.恥ずかしいアドレスにしない

これ結構多い。シンプルに自分の名前を元にしたアドレスが良い。出来れば就活用にアカウント作った方が良い。

2.携帯でも相手と自分の名前を明記する

携帯メールだと、自分の名前を書かないことが癖になっていると思われる。誰からのメールだか全然分からないことがあるゾ!

3.送信者名が正しく自分の名前になっているようにする

設定された送信者名が相手のメーラーでは見れるようになっている。そこに書かれている名前が全く別人の名前だったことがある。相手を混乱させるので、自分のメーラーの設定を再確認しよう。

4.メールはこまめにチェックする

相手は君と同じような数多くの学生を相手にしている。返事をよこさない君のことをいつまでも憶えてはいてくれない。ネットの世界はスピードが命。

5.相手が特に要求していなくても了解した旨を返信する

これも気配りとして大事。会社から来たメールには読んだことを知らせる返事をしよう。君がその会社にとって忘れ去ってもいい人間で無かった場合、これは大きなポイントになる。

6.時候の挨拶はいらない

手紙と同じような時候の挨拶を丁寧に書く人がいる。相手はビジネスの現場で長年メールを使っていて、メールは簡潔明瞭が一番であることを知っている。最低限の礼を失しなければ用件のみのメールが最良。

|

« 仏壇内蔵ケータイ | トップページ | パナソニックDMC-G1が第2位と健闘 »

コメント

>1.恥ずかしいアドレスにしない
・・・PCのパスワードも、恥ずかしいものにしない。これも鉄則かも。

以前、「セクシーダイナマイツ」というパスを設定しちゃうと、休暇の時に電話でパスワードを伝えるのが恥ずかしい。。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年6月 1日 (月) 23時43分

>オヤジさん

あはは。同じようなことが俺の会社でもあったよ。

上司がいないときに上司のパソコンを開かなくてはいけないことになったのだが、電話でなかなかパスワードを口ごもって教えてくれない。

奥さんの名前をパスワードにしていたんだよね。(笑)

投稿: TODO | 2009年6月 2日 (火) 21時04分

うひゃっ!
小生もかみさんの名前と誕生日がパスワードだよ!
だって、かみさんの誕生日を忘れたら、お小遣いカットだからね!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年6月 4日 (木) 00時40分

>オヤジさん

こらこら。そういうことを言っちゃったらパスワードにならんじゃないか!^^;

うちは二人してお互い自分の誕生日も忘れるボケだから平和っすよ。^^

投稿: TODO | 2009年6月 4日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/45205420

この記事へのトラックバック一覧です: 就活アドバイス メール編:

« 仏壇内蔵ケータイ | トップページ | パナソニックDMC-G1が第2位と健闘 »