« 象の鼻パーク | トップページ | Gmailのちょっと?な点 »

2009年6月 7日 (日)

新しもの好きのヨコハマ

横浜の歴史は一言で言えば、新しいものに魅力を感じ、貪欲にそれを取り込んで変わってきた歴史と言える。

横浜には古い建物や遺構もたくさんある。しかしそれらは決して歴史がある町だからではない。次々と新しいものに変わって行った、その名残りに過ぎないのだ。まるで子供がおもちゃに飽きるように。

あるTV番組でレポーターが本牧の古いバーのマスターにインタビューしていた。

レポーターは、進駐軍時代から変わってきた本牧の語り部を、その年季の入ったマスターに求めていたようだが、彼はこう言う。

「昔のことを聞きに来る人は多いんだけどさ、それよりも今の横浜を見て欲しいんだよね。横浜っ子は新しもの好きなんだよ」

その通りだと私も思う。

一番新しいものこそが、いつも一番ヨコハマらしいものなのだ。

Y150イベント~音楽隊
Y150イベント~音楽隊 posted by (C)TODO

|

« 象の鼻パーク | トップページ | Gmailのちょっと?な点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/45270581

この記事へのトラックバック一覧です: 新しもの好きのヨコハマ:

« 象の鼻パーク | トップページ | Gmailのちょっと?な点 »