« コメント公開を承認制にしました | トップページ | KALAPANAとSEAWIND »

2009年5月23日 (土)

浄妙寺

鎌倉に何度も通い、同じ寺に複数回行くようになると、自分が心から気に入っている寺がどこなのかが、分かって来たように思う。

八幡宮手前の道を右に行く、金沢街道をしばらく行ったところに、杉本寺、浄妙寺、報国寺と言う3つの寺があり、その中でも浄妙寺が私のお気に入りである。

ここの本堂の裏手にある茶室、喜泉庵がとても良い。

緋毛氈に座って抹茶の接待を受けながら枯山水の庭園を眺めると、そこはまさしく日々の喧噪を忘れる一時である。

今日行って感動したのは、ここで働く作務衣を着た女性達であった。

たまたま小学生の女の子5人連れがいたのだが、単にお茶を運ぶだけでなく、座り方や作法などを教えているのである。しかし彼女たちを決して子供扱いせず、大人に対するのと同じように礼をつくしてることに気高ささえ覚えた。

その凛とした態度、美しい所作に、ここが観光地の休憩所ではなく、寺であり、そしてそこは人が何かを学ぶための場所であることを思い出させてくれる一幕であった。

image

参考リンク:浄妙寺|鎌倉ツリープ

|

« コメント公開を承認制にしました | トップページ | KALAPANAとSEAWIND »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/45104228

この記事へのトラックバック一覧です: 浄妙寺:

« コメント公開を承認制にしました | トップページ | KALAPANAとSEAWIND »