« 行動の基準 | トップページ | 「べきである」と言う人間 »

2009年4月12日 (日)

やっぱり望遠が好き

人によって広角気味が好きな人と、望遠が好きな人がいるのだが、私の場合やっぱり望遠で撮るのが好きなのだなと思った。

望遠レンズ特有の被写体と背景のボケ、光がぎゅっと圧縮される感じが好きなのだ。肉眼では見ることが出来ない、カメラならではの世界がそこにある。

G1の望遠域のキットレンズは35mm換算で90~400mm。400mmと言うのは初めて接する世界である。手ぶれ補正と相まって、明るい風景であれば手持ちで十分撮ることが出来る。

まだまだこのカメラは慣れたとは言えないが、良い季節になってきたから、またどんどん外に出て撮りまくりたいと思う。

桜舞い散る下で
桜舞い散る下で posted by (C)TODO

|

« 行動の基準 | トップページ | 「べきである」と言う人間 »

コメント

私のデジカメじゃたいしたことないけど
それでも先週発見して嬉しかったのは
桜吹雪を取ろうとしたら、望遠にするとキレイに撮れるってことです♪

投稿: hirorin | 2009年4月13日 (月) 18時13分

>ヒロリン

うんうん。
この写真もまさしくそんな感じ。
写真はまさに、発見の連続だぁねえ!

投稿: TODO | 2009年4月13日 (月) 21時49分

ココロ震えるきれいさだねぇ!

被写体は息子さんとその彼女ですか?

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年4月14日 (火) 22時31分

>オヤジさん

心震えましたか! ありがたいことです。
被写体は全然知らない赤の他人です。(笑)

投稿: TODO | 2009年4月15日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/44652940

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり望遠が好き:

« 行動の基準 | トップページ | 「べきである」と言う人間 »