« 報道したいことが報道される | トップページ | 滅茶苦茶難しかった「雪あかりの路」 »

2009年2月10日 (火)

札幌にてスープカリーを食す

日曜日は雪まつりを見る予定で大通公園まで行ったものの、だんだんと雪が凄くなり、吹雪状態となったため、わずか2~3の雪像を見ただけで外を歩くのを断念。近くの店でスープカリーを食すこととなった。

北海道が発祥の地であると言う、このスープカリー。一度は試してみたいと思っていたが、厳冬の、しかも吹雪で頭から肩から真っ白くなり、手はかじかみ、ガタガタ震えながらの状況は、この食べ物を味わうための舞台準備としては秀逸であった。

暖かなカリー汁に浸して食べる御飯。良く煮込まれて柔らかな肉と野菜。
スープカリーと言う食べ物が、北海道の地で生まれた理由が良く分かった。

この店。最高に美味しかったと言えよう。

リンク:スープカリー・ドミニカ

|

« 報道したいことが報道される | トップページ | 滅茶苦茶難しかった「雪あかりの路」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/44020491

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌にてスープカリーを食す:

« 報道したいことが報道される | トップページ | 滅茶苦茶難しかった「雪あかりの路」 »