« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

うどん雑炊

いきおい、旅先ではついご当地の美味しいものを食べたくなるのが人情であり、しかし何日も滞在しているとそういう食生活もあまり続けていると体に悪い気も、正直する、てゆうかちょっと飽きてくるのである。

と言うことで今日の晩飯は、ふらりと立ち寄ったうどん屋にした。

リンク:手打うどん工房 穂の香|STELLAR PLACE.NET

札幌駅ビルであるところのステラプレイスと言うデパートの6階食堂街にある。

ここで食べたのは、「うどん雑炊」なるもの。

寒い日、そして酷使された胃腸に、暖かくやさしい食べ物であった。関西風出汁、手打ちうどんでありながら、ほどよく煮込まれた腰の柔らかさ。これは美味かったので書き記しておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

感覚がおかしい

札幌に来たのは木曜日の朝だから、まだ昨日のことなのだが、もう何日もこっちにいるような気がする。昨日H大学に行って学内説明会に参加し、今日はS大学に行った。

さっき、後から合流する部下を札幌駅に迎えに行って一緒に夕食を食べてホテルに帰ってきたところだ。

と、今までやってきたことを思い起こして書いてみると、やっぱりまだ札幌に来てから2日目であることが分かる。

どうも感覚がおかしい。場所も時間的にもいつもの生活と全く違うから、基準となるものが無くて、一種の時差ぼけのような症状なのかも知れない。

まだ明日と日曜を挟んで月曜までこちらでの仕事がある。都合4泊5日なのだが、この調子だと2週間くらいいるような気がするかも知れない。なんか変である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

うけた

見ていたTVで。

美川憲一のモノマネをしているコロッケのモノマネを美川憲一がしている。

と言う希有な映像を一瞬見た。

くだらないと思っていた日本芸能界の実は、限られた一部分は深いこともあると言う一例を目の当たりにした驚きがあった、札幌の夜。

ちと酔っている。だが今日は雪が少ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

ちょっとそそられた

リンク:工場夜景 ジャングルクルーズ

京浜工業地帯の工場夜景を海から眺める!

ジャングルクルーズって言うネーミングも、90分で4,500円と言うちょっと高いんじゃね?と微妙に感じる値段も、支払いは事前に振り込みと言う、今時ないようなメンドくささも、全てが統一されたコンセプトに基づくものにすら感じる、この珍奇な企画。気に入った!

カメラ持って写真撮りに行きてーー!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

Gmailの色が変えられるようになった

Gmailに配色を自由にカスタマイズ出来る機能が追加された。

設定→テーマの画面に「独自の色を選択」と言う部分が出来た。

1

私の場合、今まではどのテーマを選んでも、なんと言うかやはりアメリカンなカラフルさがあまり好きではなかったので、ぐっと渋くモノトーンな色合いにしてみた。メーラーって感じになったと思う。

 image

Gmailロゴの色合いも変えられるとイイんだけどネ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

「おくりびと」

アカデミー賞受賞とのこと。

さもあらん。私がいつも見ている、新作映画情報「映画生活」 powered by ぴあにおいて、その満足度ランキングが昨年からずっと1位に張り付いたままだったのだ。

そのことからこれは尋常ではない映画だとは感じていたが、家族は皆見ていると言うのに、何かの都合があって自分だけ見ていなかった。

幸い、この受賞によってあちこちの映画館でリバイバル上映をする由。

今度の週末も札幌滞在の予定があり、土曜は仕事だが日曜はいかに過ごすべしと思っていたところ、札幌駅ビル内のシネコンで、土曜日からこの「おくりびと」が上映されるとのこと。

今度の週末は札幌で「おくりびと」を鑑賞することが決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

今年は横浜が熱い!

すっかり横浜名物となった国際女子駅伝が今日行われていたが、なんと今年が最後とのこと。

それを知っていたら写真撮りに行ってみても良かったかと思ったりしたが、その代わりと言ってはなんだが、今年は横浜ベイサイドあたりは何かと話題が多い。

まず、閑古鳥が鳴いて閉鎖になっていたマリンタワーが、横浜市が買い取ってリニューアルしたと言うことで5月に復活オープンする。

リンク:「マリンタワー」が5月23日に新装オープン-新たな観光交流施設に - ヨコハマ経済新聞

続いて、大桟橋のたもと、赤煉瓦倉庫までの岸壁地帯に「象の鼻パーク」と言う新しい公園が6月に出来る。

リンク:「象の鼻パーク」来年6月にオープン-発見された遺構3点は保存へ - ヨコハマ経済新聞 (昨年の記事)

なんと言っても今年は開港150周年と言うことで、この一帯は春から秋までイベントづくしのようだ。

しかし考えてみたら私が横浜に住み始めて約40年。と言うことは開港からの歴史の1/4以上をこの目で見ていると言う訳で、微妙にスゴイような、それほどでもないような・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

帰還

結局昨日は新千歳発9:05の便を予約して、札幌に宿を取った。

朝携帯でJALの運行情報を確認したら、その便は辛くも欠航ではないものの、遅延で10:30出発予定とのこと。

十分時間はありそうだが、念のためと思ってホテルを早めに出たら、札幌駅で新千歳行きの列車が、途中除雪中のために発車が何時になるか目処が立たないとのこと。

「これいったい何の罰ゲーム?」 と満員の列車の中で立ちながら発車を待っている時にはマジに思った。

結局102分遅れで発車したのが午前8時半過ぎ。乗る飛行機が遅延してくれていたおかげで飛行機には間に合った。

羽田に着いたのは12時半頃。東京は晴れて風もなくぽかぽかとして、まるでさっきまでいた北の国が夢のようであった。

羽田空港で昼食後、展望デッキに寄って飛行機写真を撮って帰ったと言うご褒美付き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

全便欠航

今日の新千歳空港は雪で滑走路が閉鎖。真っ白で何も見えない状態であった。あちゃ~。

明日は帰れるのであろうか・・・。

困ったなあ・・・
困ったなあ・・・ posted by (C)TODO

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

室蘭の夜

この季節恒例の仕事絡みではあるが、今夜は室蘭にいる。

東室蘭の呆屋やきとり店。

リンク:やきとり呆屋 室蘭タウン

豚ロース塩焼き、牛モツ煮込み、椎茸焼き、じゃがベーコンと大ジョッキ、酎ハイ。

ヤバイ。こう書いたらコレステロールの固まりだ。しかし、たまの旅の夜。良いではないか。

私以外はグループの客だったので、カウンターに座って、TVで特命なんちゃらの番組で詐欺師やら痴漢軍団の話を見ながら、大将と話していた。

帰り際に、会社に室蘭出身の人がいて、その人が美味しいと教えてくれたので来た見たんですよと言ったら、照れくさそうに笑っていた一見、強面の大将。

この店、気に入った。確かに美味いし安い。次に来れるとしても間違いなく来年だが、もし来れたらまた来よう。

そのときは食事療法始まっているかも知れないが、大将の店に行く一晩くらい良かろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

美人時計

面白いと言うか、良く考えたと言うか、良く撮ったと言うか。

image

まずは、下記サイトをご覧頂きたい。
リンク:bijin-tokei(美人時計)official website

iGoogleのガジェットにもなっちゃってる。
リンク:美人時計 (bijin-tokei)  ダウンロードし放題ならガジェットギャラリー

被写体が持っているボードを見て頂ければ分かるが、現在時刻を表している。つまり、時計なのである。

と言うことは、1分毎に写真が切り替わる。1分毎に違う人になる訳ではないようだが、1日=60分×24時間=1,440枚の写真があると言うこと。

凝っているのは、ボードに書かれたその時刻にちゃんと撮影しているようで、夜には夜の背景になる。

でもこれ、深夜3時とか4時とかに登場する人は見られることが少なくて不憫ではある。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

Becky!バージョンアップ

Gmailは確かに良い。しかし、仕事で使うメールは、メール自体が仕事そのものと言って良いくらいで、だからそれを保存するフォルダも階層が必要であり、細かな振り分け機能がどうしても必要である。

Gmailにはラベルと言う概念はあるものの、上記のようなしゃらくさいことをやりたいと思う向きにはやはり機能が足りず、いきおい従来のメーラーでPOP受信を行い、きちんと受信してきちんと整理整頓せずには安心できないのが、日本人代表の私である。

そういう旧態依然会社仕事人間の強い味方が、やはり最強のメールクライアントであるところの、Bekcy!であろう。

その御大が超久しぶりに大幅な機能追加を伴ってバージョンアップした。

リンク:窓の杜 - 【NEWS】「Becky!」v2.50が公開、重要なメールをタスクとして管理できる機能を搭載

「お前は仕事でどっぷりとメールを使っているであろう。おそらくは朝受信してからどっさり雪崩れ込んできたメールを一つずつ処理することで1日が終わるどころか、処理仕切れずに明日に廻さなければならず、しかし明日になったら忘れてしまってはまずいメールも中にはあったり、いやそれほどではないがそのうち返信しなくちゃいけないかなと言うメールもあったりするのであろう。そういう仕事メールをどう管理している? 管理できんであろう?」

と言うことで「ほれほれ」と言わんばかりにつけてきた機能と言う感じが、そこはかとなく、やはりしゃらくさい。

しかし。

私の場合、受信トレイに溜まったメールは、処理したら、保存するフォルダに手動で振り分けている。つまり、受信トレイに残っているメールは未処理であり、受信トレイを見れば一目で処理しなくてはいけないメールが分かるので、実は、こういう新たな機能は必要ないのであった。

惜しい! 考えたようでイマイチの感を拭えない機能追加な気が致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

Gmailを迷惑メールフィルタとして使いたい

Gmailの迷惑メールフィルタ機能がすこぶる優秀であることには前から気付いていた。また、Gmailで受けたメールをPOP受信、即ちPCのメーラで受けることが出来ると言うことも最近知った。

・・・・と言うことはひょっとしてGmailを迷惑メールフィルタとして使うことが出来るのではあるまいか? と発想した訳であるが、私ごときが思いつくことなど、既に世の中の先人が思いついているのは当然のことであった。例えば

リンク:鍼灸師のツボ日記迷惑メール対策(Gmailをスパムフィルターにする方法) - livedoor Blog(ブログ)

これが上手く行けば、どれもイマイチであったBecky!の迷惑メールフィルタプラグインからおさらばすることが出来る。

しかし、会社のメールは非常に大事であって、それがまたいつどんな大事なメールがやってくるか予測できないと言う性質故、うっかりしたことも出来ない。

時間のあるときに、試してみたいと思う。上手く行ったらまたご報告する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

久しぶりにアキバで買い物

昨日書いたセミナーの場所がお茶の水であった関係上、帰りに隣の秋葉原に寄るのは必然である。

何を買う予定ではなかったのだが、メモリとジョイスティックを買ってもうた。

メモリはPCのメモリであって、遅ればせながら1.5GBになった。

ジョイスティックは、今まで使っていたマイクロソフトの古いやつがスロットルレバーがダメになったので、この際と言うことで新調。ジョイスティックを買うのは何本目かは憶えていないが、超何年かぶりであることは間違いない。

image

今や日本で売っているジョイスティックはここの製品しか見かけなくなってしまったと言える、SAITEK社のものだ。 リンク:ST290Pro

と言うことで、最近またちょっとフライトシミュレータに邂逅している。

こんな話も聞くので、弔い合戦と言う訳ではないのだが。

リンク:Microsoft社の人員削減の影響が、Flight Simulatorにも及ぶ - スラッシュドット・ジャパン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

裁判員制度のDVD

昨日、会社の所属する業界団体主催の裁判員に関するセミナーに参加したのだが、そこで上映していたDVDが、思いがけず良かった。

image

下記でダイジェスト版を見ることが出来る。

リンク:裁判員制度-もしもあなたが選ばれたら- - 政府インターネットテレビ

法務省が広報用に作ったものなのだが、中村雅俊、西村雅彦と言う渋いベテラン俳優を主役に据えて、なんと監督は中村雅俊とのこと。ラストのタイトルロールで流れる歌も中村雅俊と言うのはちょっとお茶目。

中でも中村雅俊の裁判長役が、重さと人間くささがあって実に良かった。

裁判長は裁判員に選ばれて戸惑っている平凡な会社員の小林(西村雅彦)に言う。

「あなたはお子さんに手をあげたことがありますか?」
「そりゃ一度や二度はありますが、それが何か?」
「私ね、ないんですよ。手をあげたこと」

例えば児童虐待に関しての裁判だったら、そういう私とあなたではきっと感じ方が違ってくるでしょう。と言うのだ。それがこの制度の狙いなんですと。

色々と指摘されている問題点や弊害は、私もその通りだと思うのだが、裁判員制度の趣旨は、このビデオを見て良く分かった気がした。

いやほんとこの作品、ドラマとして充分面白い。政府が作ったものとしてはこのビデオは秀逸と思った。検察庁で企業等に貸し出しているとのことなのだが、これこそインターネットで全編見れるようにすべきだと強く思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

EOS Kiss X2 が困ったものである理由

リンク:ヨドバシに聞く「一眼レフデジカメの売れ筋」――EOS Kiss X2 ダブルズームキットがダントツ人気 - デジタル - 日経トレンディネット

と言うことらしいのだ。

このカメラ、特に個性的なスペックはない。見た目もこの通り、何ら飾り気も洒落っ気もない。このオーソドックスさは決して悪くないが、もうちょっと、ほら何というか・・・。

image

しかし、このカメラ、持ってみると軽いだけでなく、昔から持っていたように感じるしっくり感、シャッターボタンやコマンドダイヤルの絶妙の配置感、そしてファインダーの大きくて見易いこと。実に良く出来ていると感じるのだ。

決して奇をてらわずオーソドックスにまとめる手堅さには、有り余る自信すら感じる。

うーん、こいつを魅力的と言うのは抵抗がある。一番売れているカメラを買うのも面白くない。でも、確かに、今これから買おうと思った時、良いカメラであることは否めない。うーん、ニクイ。さすがキャノン。

いや、まだ買わないけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

途中まででやめる

愛読しているシゴトハッカーズの記事にこんなことが書いてあった。

リンク:シゴトハッカーズ:“Not To Do”を用意するのだ (1-5) - ITmedia Biz.ID

“Not To Do”とは、Todoが「やること」であるのに対して、「やらないこと」だ。

仕事のために「やらないこと」がいくつか挙げられてあり、それは例えば、
「午前中はメールチェックをしない」だったりする。

その中で一番気に入ったのが、「最後までやり抜かないクセをつける。」だ。
何故最後までやっちゃいけないのか? 曰く。

頻繁に「途中まででやめる」というやり方をしておくと、その感覚が身についてくるので、やっかいな仕事を前にしても、「とりあえず途中まで進めておこう」とすんなり思えるようになってきます。この習慣は、早めに仕事に途中まで取り組んでおくという習慣と、やっかいな仕事でも取り組めるようになるという感覚をもたらしてくれます。

「これはまとまった時間がないと出来ないから」と言う理由をつけて後回しにしていることが良くある。それは絶対に出来ないのだ。何故ならまとまった時間など永遠に取れないのだから。

なるほど。これは使えそうだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

滅茶苦茶難しかった「雪あかりの路」

小樽の「雪あかりの路」は夜になればキャンドルの灯りに照らされた雪のロマンチックな風景。を撮れるはずであったが、予想外に超難関であった。

雪あかりの壁
雪あかりの壁 posted by (C)TODO

写真は「雪あかりの路」メイン会場である小樽運河の畔で撮ったもの。

いつもなら完全に失敗写真としたボケボケ状態であるが、何となくそれも雰囲気のような気がしたのでまあ採用とした。

で、何が難しかったかと言うと、理由その1は、人の多さ。おそらくこのイベント中は観光客で人口は倍以上になっていたのではあるまいか。人の迷惑顧みない三脚オヤジもここばかりは、まず三脚立てるスペースがない。

難しかった理由その2は、予想以上の寒さ。日が落ちると急激に気温が下がって、いつもなら数分の1秒程度のシャッタースピードなら気合いで止めて撮るのだが、身体が震えてそれもままならぬ。

理由その3は、雪と言う被写体そのもの。まず白一面のものは露出もフォーカスも、自動で合わせてくれるものは当てにならない。その上この場所では雪は蝋燭や電球に照らされてホワイトバランスもどう合わせて良いやら分からないので、オートに頼るのだが、果たしてそれで良いモノやらなんとやら。

多分、上の写真のボケはピンぼけ、被写体ブレ、手ブレ等あらゆる悪条件の賜物と言えよう。

でもこの場所自体はすごく魅力的だったので、もっと撮影技術を身につけた上で、行く機会があればまたチャレンジしたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

札幌にてスープカリーを食す

日曜日は雪まつりを見る予定で大通公園まで行ったものの、だんだんと雪が凄くなり、吹雪状態となったため、わずか2~3の雪像を見ただけで外を歩くのを断念。近くの店でスープカリーを食すこととなった。

北海道が発祥の地であると言う、このスープカリー。一度は試してみたいと思っていたが、厳冬の、しかも吹雪で頭から肩から真っ白くなり、手はかじかみ、ガタガタ震えながらの状況は、この食べ物を味わうための舞台準備としては秀逸であった。

暖かなカリー汁に浸して食べる御飯。良く煮込まれて柔らかな肉と野菜。
スープカリーと言う食べ物が、北海道の地で生まれた理由が良く分かった。

この店。最高に美味しかったと言えよう。

リンク:スープカリー・ドミニカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

報道したいことが報道される

札幌でM社主催の合同企業説明会に参加する。

当社のブースの前に、「都合により欠席します」と言う貼り紙がされてぽっかりと空いたスペースがあった。

すると、どこかのTV局と思われる、大きなビデオカメラを持った数人がやって来て、そのブースばかり撮っているのである。

当社を含め、周りでは多くの企業がたくさんの社員や目一杯の装飾、学生にアピールするためのカラフルなポスターやビデオなどで頑張り、また学生もたくさん集まって活気に満ちていた。

それなのに、誰もいない欠席した企業のブースだけをずっと撮っているTV局の行動は、異常にしか見えなかった。

でも出来上がった映像をTVで見せられた視聴者にはその異常さは分からない。

これから先は想像であるが、多分ニュースにも台本があるのだろう。

「今日は不況が学生の就職活動にも暗い影を落としていると言うことをテーマにニュースを作ろう。欠席している企業があるはずだ。 お、あそこにあった。よしあそこを撮れば台本通りのニュースが出来る・・・。」

確かに嘘は報道してはいないかも知れない。でも作り手が報道したいと思ったことだけが報道される。と言うことなのだろうな。と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

雪の情景

札幌4泊目。

これまでの間、雪は降ったり止んだり。さっき月が出ていたと思ったら、もう吹雪いている。そんな気紛れな雪の表情を存分に味わっている。

日が落ちた時の急激な気温の下がり方。粉のような雪の舞方。降る雪を通して見る灯りの暖かさ。

そんなことを体感しながら、曇った眼鏡をぬぐいながら、ホテルの部屋に戻ってパソコンを繋いだら、こんな曲が映像とともに飛び込んできたら、それは偶然とは決して言う気にならない。

今、雪の国にいるのは、きっと何かの理由がある、私にとっての必然なのだ。

アニメで描かれた、この曲の世界の描写が秀逸である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

小樽

お前はいったい何しに北海道に行っているのか? 仕事ではなかったのかと非難されても、あまり強く反論することが出来ない気がするほど、今回の出張はおりからのイベントの日程と重なっているのである。

と言うことで今日は「雪あかりの路」が開催されている小樽に行ってきた。

リンク:小樽雪あかりの路 official website

港町である。駅前の一本道の向こうに海が見えるところ、至るところに古い倉庫があってそれが今では観光資源になっているところなど、親しみを感じさせる町であった。

小樽運河
小樽運河 posted by (C)TODO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

札幌全日空ホテル

今回のお泊まりは札幌全日空ホテル。札幌駅前地帯で一番の高層ホテルなので知ってはいたが、今まで泊まったことは無かった。

朝食のバイキングはなかなか美味しい。

最上階のカクテルラウンジは、夜は良い感じ。さすがにちょっと高めだが、料理も美味しい。

部屋はまあ普通。エアコンの音が気になること、窓際の机に座ると冷気が窓から来ること、コンセントの数があと1つは欲しいこと、冷蔵庫にお茶類が欲しいこと。

以上が要望点としておこう。

image

明日は小樽観光の予定。

リンク:北海道札幌のホテル:札幌全日空ホテル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

恒例の札幌巡業開始

毎年2月6日に札幌ドームで催される合同企業説明会に参加するのがここ何年かの恒例になっている。

例年1泊で来るところだが、今年は土日を挟んで9日にもまた別主催による札幌ドームでの合同企業説明会に出ることになったので、都合4泊5日の滞在と言うことになった。

今夜はそういうことで札幌入りした。例年に比べると雪は少ない。土日を挟んでいるのでいろいろ観光の予定も組んでいる。

と言うことでちゃんとカメラ持ってきている。楽しみである。

image

今回のホテルには今どきネット接続がない。イーモバイルのデータカードは札幌でも接続バッチリで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

生きていた!はやぶさ

「はやぶさ」とは2003年に打ち上げられ、3億4000万キロの彼方にある小惑星「イトカワ」にタッチアンドゴーを敢行してその表面からの試料採取に成功し、その後トラブルにより通信途絶状態に陥りながらも奇跡の復活を遂げ、今2010年6月の地球帰還に向け、着実に宇宙の旅を続けている、小さい孤高の旅人のことである。

日本でこんなカッコいいプロジェクトが進行していることを知ってこのブログに書いたのが2005年8月のこと。振り返ってみたら今まで4回彼のことを書き、今日が久しぶりの5度目である。

リンク:ウィークエンドとど すごいぞはやぶさ

リンク:ウィークエンドとど 「はやぶさ」、イトカワに到着!

リンク:ウィークエンドとど 88万人の「星の王子さま」

リンク:ウィークエンドとど その後の「はやぶさ」

image

リンク:JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」の現在の状況について-イオンエンジン再点火、地球帰還へ向け第2期軌道変換を開始へ-

アメリカの火星探査機スピリットからの応答が途絶えているとの報道があった矢先なだけに、日本らしい、派手ではないが小粒で地道にコツコツタイプのはやぶさが、確かな成果を挙げてくれているのはちょっと誇らしいことである。

再び、頑張れはやぶさ! 無事に帰ってくることを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

ブラウザの履歴書

憶えている範囲であって、あまり正確ではない。ある程度雰囲気だが、

IE → Undonut → Avant Browser → Sleipnir → Undonut → IE

→ Chrome → IE → Firefox → IE → Anavt Browser → IE

てな感じで、とにかく色々試してみて、結局IEに戻るのは、なんだかんだ言っても現状、やっぱり一番安定していてトラブルがないのはIEであると言う評価をせざるを得ないのである。

確かにIEはその他のブラウザが痒いところに手が届く細やかな使い勝手の工夫で光っているのに比べると、いささか殿様的なところが気にくわないのは事実であるが、やはり日常一番中心となって使うアプリと言うのは、基本となる安定性に勝る必要条件はないと思うのである。

ちなみに、先日書いたGoogleツールバーの検索窓に全角スペースが使えない件は、Avant BrowserでGoogleツールバーを使った場合のみであることが分かった。IEでGoogleツールバーを使えば全く問題ない。

こういうことが、どうしてもあるのでIEに仕方なく戻っている面があるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

誰もが一度は思った日本地図

違和感なさすぎて笑った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

Google検索窓のちょっとしたこと

今まで、何かを調べようと思ったら、Googleの検索窓に複数の単語をスペースで区切って入力すれば良いと思って、そのようにやってきた。

例えば、「夜景ポートレイトの撮り方を調べたい」と思ったときには、Googleメインページの検索窓ならば、

 image

と入れてやる。一方ところが、Googleツールバーの検索窓には、単語を区切る時の全角スペースが何故か入らない。半角スペースなら入るので、めんどくさいなあと思いながら半角スペースで区切って入力していたのだが、ふと思い立ってスペースで区切るのを止めて、

image

と入れてやったら、何のことはない、半角スペースで区切った時と殆ど同じ結果を出してくれるではないか。

いつのまにかGoogleは賢くなって、だらだら入れてやってもちゃんと単語の区切りを自分で判断して検索してくれるようになっていた。スゴイ!

スゴイと言えば、いつからか単語を入力しようとすると、「お前はもしかしたらこれを調べようとしてるな? ホレ? どうだ?」とばかりに、候補を先回りして表示するようになった。例えば「夜景」と入れてやると・・・

image

これはなかなか便利なのだが、ありきたりなものを探そうとしている自分を見透かされるとちょっと悔しい気がしたりもするのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »