« 途中まででやめる | トップページ | 裁判員制度のDVD »

2009年2月13日 (金)

EOS Kiss X2 が困ったものである理由

リンク:ヨドバシに聞く「一眼レフデジカメの売れ筋」――EOS Kiss X2 ダブルズームキットがダントツ人気 - デジタル - 日経トレンディネット

と言うことらしいのだ。

このカメラ、特に個性的なスペックはない。見た目もこの通り、何ら飾り気も洒落っ気もない。このオーソドックスさは決して悪くないが、もうちょっと、ほら何というか・・・。

image

しかし、このカメラ、持ってみると軽いだけでなく、昔から持っていたように感じるしっくり感、シャッターボタンやコマンドダイヤルの絶妙の配置感、そしてファインダーの大きくて見易いこと。実に良く出来ていると感じるのだ。

決して奇をてらわずオーソドックスにまとめる手堅さには、有り余る自信すら感じる。

うーん、こいつを魅力的と言うのは抵抗がある。一番売れているカメラを買うのも面白くない。でも、確かに、今これから買おうと思った時、良いカメラであることは否めない。うーん、ニクイ。さすがキャノン。

いや、まだ買わないけどね。

|

« 途中まででやめる | トップページ | 裁判員制度のDVD »

コメント

売れるものには意味がありますものね・・・。
私は昔からよくも悪くも「すき間体質」で、
マジョリティにアンチだった部分はあるのですが。

それでよいものを見落とすのももったいないなあ。
いいじゃない。別に「えー?」とか言われても。
好きなもの、よいものは声高に叫んだっていいじゃない。
と、ようやく最近思えるようになりました。

こでも使いやすそうですもんね。

それほどの魅力もないものに、よい仕掛け人がつく。
売り方が巧い。
ということもままありますが。
・・・おっと。毒々、失礼。

投稿: pinoco | 2009年2月13日 (金) 23時35分

「こでも」って何だよ・・・鼻づまり?しんのすけ?
「これも」でした。

投稿: pinoco | 2009年2月13日 (金) 23時37分

>pinocoさん

ようこそ拙宅にいらっしゃいました。^^
今後ともよろしくです。

同感ですね。
私もどうも一番人気なものは買いたくないと言うへそ曲がりなところがあって、必ずしも一番良いものでないと分かっていても、自分なりに個性を感じるものを選びたいと言う気持ちがあります。

このカメラはまさしく、私のそういうねじ曲がった精神に挑戦的な存在な訳ですよ。(笑)

投稿: TODO | 2009年2月14日 (土) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/44050918

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Kiss X2 が困ったものである理由:

« 途中まででやめる | トップページ | 裁判員制度のDVD »