« やりたくない仕事 | トップページ | 「Google」カテゴリを追加 »

2009年1月17日 (土)

表計算ソフト生誕30周年

今ではExcelしかないと言った感じの表計算ソフトの元祖VisiCalcが発売されてから30年なのだそうだ。

リンク:VisiCalc – Wikipedia

その当時の私はパソコンに触れることは無かったので、このソフトは知らないが、後のマイクロソフトのMultiplanやLotus 1-2-3は知っている。

ソフトウェアの特許と言うのは、今でも日本ではまだ議論が決着していないようなところがあって、非常に難しいのだなとは思うが、表計算と言う革命的なアイデアが特許を取ることが出来なかったと言うのは、かなり不憫な話である。

会社でも、Excelが無かった時代にはこの仕事はどうやってやっていたんだろう?と言う話をしたことがあるが、それは世界中の企業で同じことだろう。

OSを除けば、世界の産業界にこれほどの貢献を後にしたアプリケーションは他にないのではないだろうか?

今日は先人の卓越したアイデアと、偉大な業績に乾杯したい。

下の写真はVisiCalcの画面。Implementing VisiCalc より。

 image

|

« やりたくない仕事 | トップページ | 「Google」カテゴリを追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43769255

この記事へのトラックバック一覧です: 表計算ソフト生誕30周年:

« やりたくない仕事 | トップページ | 「Google」カテゴリを追加 »