« 年末のご挨拶 | トップページ | 初詣 »

2009年1月 1日 (木)

私がフォト蔵を好きな理由

毎週のように写真を撮ってはフォト蔵にアップしている。そして、他の人の写真も見てはお互いにコメントしあったりしているのだが、それが楽しくて仕方ない。

フォト蔵もいわゆる一種のSNSであって、ネット上に星の数ほどあるコミュニティの一つに過ぎないのだが、この場が何故私にとってこんなに心地よい場所なのか、その理由にふと気付いた。

主に二つの理由がある。

一つは、ここの雰囲気は昔パソコン通信でチャットをする仲間が集まっていた、あの雰囲気に似ているのだ。

当時はパソコン通信でチャットをすることが、通信ソフトの使いこなしや課金や電話代と言う高い敷居があったので、今のように一般的ではなかった。だからそれを敢えて楽しむのは、それ自体が一つの知的な趣味と言えた。同じ趣味を持つ者同士の共通点で、知的な会話を楽しむことが出来た。

そう言う場が私は好きなのだ。フォト蔵も写真と言う同じ趣味を持つ者同士が共通な話題で盛り上がる。その楽しさだ。

もう一つは、写真を撮ると言うことをする者の特性である。

写真を撮る行為と言うのは、日常の中に「良いもの」を見つけ出す目を持つと言うことだ。自分が「良い」と感じることが出来なければ、シャッターを押すことが出来ない。世の中がつまらないと感じている人は写真を撮ることが出来ない。

写真を撮ろうと努力している人は、物事を良いように見る訓練をしている人達なのだ。

だから、フォト蔵で集まっている人達は、明るくて、前向きな人達だ。そういう人達の中にいるのは心地よく、また自分が向上出来ると感じられる。

それが、私がフォト蔵の場が好きな理由である。

今年も良い仲間とともに、マイペースで良い写真を撮っていきたいと思う。

|

« 年末のご挨拶 | トップページ | 初詣 »

コメント

先輩、明けましておめでとうございます

>写真を撮ろうと努力している人は、物事を良いように見る訓練をしている人達なのだ。

わかる、わかる!
だって、「その素敵な瞬間」は、ホントにその瞬間だけなんだし、その瞬間をいいアングルで残したいし。

その瞬間が難しい。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年1月 2日 (金) 10時13分

>オヤジさん

ほんとに写真やってると、「その瞬間」と言うのを実感しますね。
この世に二度と同じ瞬間はない。そしてその瞬間を永遠にするのが写真と言うすごいものなのですね。

投稿: TODO | 2009年1月 2日 (金) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43605784

この記事へのトラックバック一覧です: 私がフォト蔵を好きな理由:

« 年末のご挨拶 | トップページ | 初詣 »