« 新しいブログ分析ガジェット | トップページ | インターネットの果て »

2008年12月10日 (水)

「夢」の世代交代

そこから産み出される製品は、ウォークマンであり、ホンダZであり、それは高度成長期を通り過ぎ、シラケを経験した若者達の「次の何か」に応えた、「夢」、そのものだった。かつての若者達の新しい文化、生活スタイルさえも変革した、カッコいい企業だった。

ソニーの大量人員削減、ホンダのF1撤退。

率直に寂しい気がする。しかし、これもまた大きな時代の波なのだろう。

これからの時代の「夢」は、オーディオやクルマと言ったモノを持つことではない。それは、インターネットの大きな雲の中にある。まだ、その雲の中に何が待っているのか、雲は形もなく蠢いているだけで、まだ誰も分からない。しかし、今、「夢」を抱く若者達は、その中に果敢に飛び込んで行っている。

価値観が大きく変わろうとしている節目に、今我々はいる。その変革の痛みを、また味わっているのが今だと言うことだろう。

|

« 新しいブログ分析ガジェット | トップページ | インターネットの果て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43382179

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢」の世代交代:

« 新しいブログ分析ガジェット | トップページ | インターネットの果て »