« 仕事納まらない | トップページ | 今年撮った写真ベスト10 »

2008年12月27日 (土)

初めて東京タワーを撮る

東京近辺に住んでいると一度は撮りたいと思う被写体である。

夜東京に出る用事があったので、その前に寄ってみることにした。

あの「三丁目の夕日」の時代に建てられて以来、ちょうど50周年と言うことだが、今見てもその頑健で精緻な構造は見る者を圧倒する。

まだまだ老兵と言うには申し訳ない、今でも東京一の巨大構造物であると思った。

その構造
その構造 posted by (C)TODO

|

« 仕事納まらない | トップページ | 今年撮った写真ベスト10 »

コメント

TODOさん、Aloha・・!。

東京タワーの構造計算って、まだコンピューターの無い時代だから
計算尺で計算しているんですよ。

っで・・・、現在の基準に当てはめてコンピューター解析すると・・・。
”立っているのが不思議なくらい”・・・なんです・・・
(笑。

世の中全てが”計算”では無いって事でしょうね・・!。


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2008年12月29日 (月) 11時29分

>jazzさん

えええええ?
そうなんですか。なんか東京タワーに登るのが恐ろしくなるような話ですな。
世の中全てが計算ではないにしても、こういう場合はやっぱちゃんと計算しておくべきではないかと。^^;

投稿: TODO | 2008年12月29日 (月) 23時27分

このアングルで東京タワーを見ると、
「株式会社東京タワー」って感じがするなぁ!

計算だけじゃないんだよ・・・(なんちって)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年12月30日 (火) 11時44分

>オヤジさん

計算だけじゃなくて、ものすごい量の「気合い」や「信念」や「夢」や「希望」によって作られたから未だに建っているのでしょうね。

投稿: TODO | 2008年12月31日 (水) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43551765

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて東京タワーを撮る:

« 仕事納まらない | トップページ | 今年撮った写真ベスト10 »