« オンラインストレージサービス | トップページ | DMC-G1のファインダーに驚く »

2008年11月14日 (金)

夜の撮影

暖かく風もない気持ちの良い夜に誘われて、会社帰りに桜木町で途中下車。

こんな時間帯に写真を撮り歩くのは珍しいことだ。

金曜夜のランドマーク
金曜夜のランドマーク posted by (C)TODO

ISO400、手持ちで約1/2秒。このFinepix s6000fdは高感度域での画質がなかなかよろしい。手ブレ補正のない機種であるが、人間手ぶれ補正機能でサポートすればこの程度は撮れる。

人間手ぶれ補正とは何か? 解説しよう。

・電柱などに身体をくっつける。
・足を適度に開き安定させる。
・息を吐いたところで止める。レントゲンを撮る時と同じ。
・肩の力を抜きながら、かつ身体を固める。
・「動くな!」と念ずる。
・シャッターは指先でなく指の腹でゆっくりと押す。

しかも今夜は若干酒が入っていた。それが無ければシャッタースピード1秒はいけたな。

|

« オンラインストレージサービス | トップページ | DMC-G1のファインダーに驚く »

コメント

>「動くな!」と念ずる。
・・・コレもアリですか!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年11月15日 (土) 18時17分

>オヤジさん

そうです。一念岩をも通すのです。
でも、「透けろ!」と念じても透けませんので念のため。

投稿: TODO | 2008年11月15日 (土) 21時10分

TODOさん、またまた知人から役立ち情報タレこみがありました。
夜、手ぶれ補正なしのカメラであそこまで撮れるとはゴリッパですね。
Morris.は普通でも手先が微妙に震えてる(酒飲んだらちょっとましになる)ので、やっぱり何か支えるものがないと無理ですね。
一時は小型三脚常時携帯で、なるべくこれ使ってたのですが、やっぱり面倒なので、最近は手作りのビーンズバッグを多用してます。小さめの袋に小豆入れてるだけです。
ちょっと大き目のお手玉を想像してもらえばわかりやすいです。
これを壁や柱にあてがいデジカメをこれに押し付けるようにするのです。平面に置いての利用も多いです。ポケットに入れとけば、すぐ出せるので、三脚よりお手軽で、効果は三脚に匹敵します。
「動くな!!」と念ずるのは大事ですね。
それとMorris.は被写体が動かないものなら、自動シャッター2秒で撮ることもあります。
素敵な写真と有用な情報ありがとうございますm(__)m

投稿: Morris. | 2008年11月20日 (木) 17時10分

>Morrisさん

手作りのビーンズバッグ。それはアイデアですねえ!
私も台の上に置いて三脚代わりにすることもあるのですが、それだとレンズの上下角度も調整出来そうで良いですね。いつもレンズの角度調整で下にレンズキャップ入れたりとか結構苦労していました。
いやそのアイデアは真似してみたいです。
こちらこそ貴重な情報ありがとうございました!

投稿: TODO | 2008年11月20日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43118681

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の撮影:

« オンラインストレージサービス | トップページ | DMC-G1のファインダーに驚く »