« お手空きではない | トップページ | スピリチュアルな疑問 »

2008年11月 6日 (木)

マイケル・クライトン死去

リンク:CNN.co.jp:M・クライトン死去、66歳 ジュラシック・パーク原作者

医学博士でもあるこの人の作品は、科学・技術・経済・政治と言った現代的なあらゆる要素を上手くバランス良く盛り込んで、読む者をグイグイと引き込んだら、息をもつかせぬ展開で、ハラハラドキドキのエンタテイメント世界に遊ばせてくれた。

出世作の「アンドロメダ病原体」は、未知の病原体で死ななかったのがアル中患者と赤ん坊だけだったと言うことから、病原体の弱点を探ると言う話だった。

ヒントは血液のpHと言う話なのだが、そこに至るまでの推理とサスペンスがこの人の持ち味だ。

私が好きな作品は、「エアフレーム」。

とある飛行機事故について、主人公がその事故原因を突き止めるまでの過程が描かれた推理作品だが、航空業界の経済的事情や飛行機の技術的なことを上手く盛り込んで、ラストで明かされるまさかの事故原因まで。ストーリーの盛り上げ方が素晴らしかった。

若すぎる死である。これからもっと骨のある楽しい作品を読ませてもらいたかった。

エアフレーム―機体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
エアフレーム―機体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) Michael Crichton 酒井 昭伸

おすすめ平均
stars読みやすい
stars期待外れの、爽快さ
stars航空機事故をめぐる推理小説
starsちょっと変わった趣向。
starsつい信じたくなるテレビの報道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« お手空きではない | トップページ | スピリチュアルな疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43031865

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・クライトン死去:

« お手空きではない | トップページ | スピリチュアルな疑問 »