« こんな日も珍しい | トップページ | クラウドコンピューティング »

2008年11月26日 (水)

Googleドキュメントに未来を垣間見た

Googleドキュメントと言うものを試してみた。

リンク:Google ドキュメント - すべてのアイテム

一言で言えばここにアクセスするとブラウザ上で文書やワークシートが作成出来て、それを保存出来たり、他のユーザと共有できたりと言うサービスだ。

これで驚いたのが、パソコンで作ったWordやExcelのファイルをアップロードすると、それがオンラインで開けてしまうと言うことだ。

「なんだそんなのIEで普通に出来るジャン!」と言うなかれ。

IEでWordやExcelのファイルが開けるのは、それはパソコンの中に入っているWordやExcelのアプリをIEのウィンドウの中に呼び出しているに過ぎない。

ところが、Googleドキュメントは、WordやExcelを開くアプリは「あちら側」に持っているのだ。

と、言うことは、例えば今流行のネットブック。あれはシリコンディスクの容量が小さいのでOfficeのような大きなアプリをインストールするのは負担なのだが、Googleドキュメントに入れてしまえば、ネットブックにOfficeをインストールする必要が無くなる。

ちなみに、作成したりアップロードしたファイルを「保存」とやると、一瞬、何も起きないように見える。普通、「保存」とやれば保存するフォルダを選ぶダイヤログが出るのを期待するのであるが、それはもうファイルは「こちら側」に保存するのが当たり前だと言う古い固定概念なのだと思い知らされる。

全てのデータは「あちら側」に。アプリすら「あちら側」に。

Googleドキュメントに未来のコンピューティングの姿を垣間見た気がした。

image

|

« こんな日も珍しい | トップページ | クラウドコンピューティング »

コメント

TODOさん、Aloha・・!。


これも、「クラウドコンピュータ」の形態ですね・・!。

楽しみ・・!!。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2008年11月27日 (木) 20時13分

>jazzさん

そう、クラウドコンピューティングですね。
そのことをちょっと今日の記事に続きとして書いてみましたよ。

投稿: TODO | 2008年11月27日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/43235011

この記事へのトラックバック一覧です: Googleドキュメントに未来を垣間見た:

» iphone アプリ [iphone アプリ]
iphoneについて [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 19時27分

« こんな日も珍しい | トップページ | クラウドコンピューティング »