« 「横浜タイムトリップガイド」 | トップページ | ミニマル »

2008年10月11日 (土)

写真の作風

プロの写真家であれば、自分の作風をきちんと分かっていて、それを出すように意識して作品を作り込むのだろうが、アマチュアカメラマンがフォト蔵のようなところにアップしているレベルでは、ただ撮った写真の中で良いと思ったものをアップしているに過ぎず、自分の作風を意識して写真を選んでいると言うことはまずないと思われる。

フォト蔵には「友達リンク」と言う機能があり、気に入った人とリンク申請してお互いが承諾すれば、その人のアップする写真がすぐに見れるようになっている。

そうして何十人かの「友達」が日々アップする写真を見ていると、徐々に人それぞれの作風と言うのがやはりあるのを感じてくる。

誰もが自分が撮った中から心地良いと思う写真をアップする訳で、数撮った写真の中から、どういう写真が心地良いと感じるかが人それぞれ違っていて、それが自然とアマチュアカメラマンの作風を作り上げて行くように思う。

私自身の作風はどうだろう? どんな写真を心地良いとして捉えているだろうと考えた時、私の作風はこんな写真に代表されるかな?と思ったのが下の写真だ。

これが私のベスト写真と言う訳ではない。私の気持ちの波長を一番表している写真のように感じたのである。

空に歩く
空に歩く posted by (C)TODO

|

« 「横浜タイムトリップガイド」 | トップページ | ミニマル »

コメント

うん、作風が出ているよね。
先輩の写真は「遠くから見守ってくれている」って感じがするんだ。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年10月12日 (日) 00時11分

>オヤジさん

嬉しい表現してくれますね。
「遠くから覗いている」だとヤバいけどな。^^;

投稿: TODO | 2008年10月12日 (日) 08時17分

TODOさん、Aloha・・!。

お出かけですか・・?
天国へ・・・。

って思った自分は
心が汚れているのだろ・・・(笑。


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2008年10月13日 (月) 10時34分

>jazzさん

いいですね!「天国への階段」と言うタイトルにすれば良かったかな?

全然汚れてないと思いますぞ!

投稿: TODO | 2008年10月15日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/42755894

この記事へのトラックバック一覧です: 写真の作風:

« 「横浜タイムトリップガイド」 | トップページ | ミニマル »