« メールサーバが動かない | トップページ | 超久しぶりにテンプレート変えてみた »

2008年9月12日 (金)

レフではない一眼

リンク:パナソニックから初のマイクロフォーサーズ 一眼カメラ LUMIX G1 - Engadget Japanese

フォーサーズと言うのは、今までオリンパスとパナソニックが採用していた小さいカメラに出来る一眼レフの規格であるが、さらにマイクロをつけた規格の機種とは、多分、コンパクトデジカメ(以下コンデジ)の大きさ、形で一眼レフの内容を持ったカメラになるのかな?とちょっと楽しみにしていたら、出てきたのはこんなだった。

 panasonic_g1_460

今までの一眼レフよりは確かに一回り小さいようだが、それほどでもない。しかもこのカメラ、ミラーがなくてファインダーはEVF、つまり液晶だと言う。

image

と言うことはコンデジと何が違うのかと言うと、レンズが交換できると言うことだけのような気が・・・。そうなるとこれは一眼と言うより「レンズ交換式コンデジ一眼レフ風味」と言うべきカメラである。

いやこうなると敢えて「一眼」と銘打つのも止めた方がいいのではないか? だってレンズからの像を見るのが一眼であると言う定義なら今までのコンデジも皆一眼だし、いや液晶ではなくミラーを使って生の像を見なくては一眼ではないと言うなら、このカメラは一眼ではない。

つまりデジカメにおいては、「一眼」の定義自体がそもそも曖昧になっていたのだ。コンデジがミラーを使った高級カメラに遠慮して、「一眼」と言う名前を使うのを控えていただけである。

とは言いつつ、この新しいカメラの良いところが二つあると思う。
一つはファインダーの液晶が史上最高と言われるほど良いらしいこと。今の私のカメラがこの点が一番の欠点なので、コンデジと言われないようにそのへんは頑張ったのだなと。

もう一つはこのデザインと色は嫌いではない。私だったら青が結構欲しい。でもやっぱり女性向けがターゲットであれば、形はもうちょっと何とかした方が良かったかなあ。

|

« メールサーバが動かない | トップページ | 超久しぶりにテンプレート変えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/42459832

この記事へのトラックバック一覧です: レフではない一眼:

« メールサーバが動かない | トップページ | 超久しぶりにテンプレート変えてみた »