« 究極の泡盛 | トップページ | 遺伝子の記憶 »

2008年7月 1日 (火)

身の丈

人が増えるとその分、仕事が増えるような気がしないか?

解決能力のある人が来ると、何故か今までより難しい問題が持ち上がらないか?

その逆も真なりで、

人が少ない時にはさほど仕事も来ず、力のある人がいない時にはそんなに問題が起きなかったような気がしないか?

実際、そういう傾向が間違いなくあるように感じる。

つまり、誰にとってもその人の身の丈にあった課題がどこからともなく与えられるように出来ているようだ。

それが正しいとすると、自分にふってきた課題は、一見無理なように思えても、それは自分を過小評価していると言うことであり、必ずクリアできる課題なのだから、決して投げたり諦めたりしてはいけないのだなと思えてくる。

|

« 究極の泡盛 | トップページ | 遺伝子の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/41708110

この記事へのトラックバック一覧です: 身の丈:

« 究極の泡盛 | トップページ | 遺伝子の記憶 »