« 朝行ってさっと帰るのも良い | トップページ | 休日の服装 »

2008年7月27日 (日)

「最近の若い者は・・・」と言わぬ。

と、いつの時代も大人は若者を見ては嘆いてきた。

そしてそれはいつの世も繰り返されるものだと思われてきた。

しかし、最近の大人は、「最近の若い者は・・・」と言わなくなってきているのではないかと感じる。

だとしたらこれは人類の長い歴史において、未曾有のことである。

「最近の若い者は・・・」と言わなくなってきたその理由は、自分の若い頃と今が明らかに違うことが分かってしまったからだ。

大人が自分の経験を語って聞かせたり、諭したり、説教したり出来るのは、後から来る若者が自分と同じ道を歩くと言う前提があっての話だ。

「勉強して良い会社に入れ」 そういう価値観で育ってきた今の大人は、その価値観が根底から崩れ去った今、全ては変わる、諸行無常であることを知ってしまった。

しかし見方を変えれば、諸行無常であるのは今に始まったことではなく、平家物語の頃からそうである訳で、とすればやっと現代の大人がそのことを実感として分かるようになったと言うだけのことかも知れぬ。

若者にエラソウに説教をぶっていた歴史上の多くの大人たちこそ、若気の至りであったと言うべきなのであろう。

|

« 朝行ってさっと帰るのも良い | トップページ | 休日の服装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/41988478

この記事へのトラックバック一覧です: 「最近の若い者は・・・」と言わぬ。:

« 朝行ってさっと帰るのも良い | トップページ | 休日の服装 »