« 性善説 | トップページ | 一期一会 »

2008年6月25日 (水)

「デジタル写真生活」

考えてみれば写真の雑誌って今まで買ったことがなかった。

昨夜ふらりと立ち寄った本屋でパラパラと見て気に入って買い、今日じっくり読んでさらに気に入って、さきほどバックナンバーを5巻ぽちっとしてしまった。

大人っぽい上品さの中に写真への愛が静かに感じられる。そんな雰囲気の本だから、気に入ったのである。

リンク:雑誌 - [ デジタル写真生活 ] - ニューズ出版 - NEWs PUBLISHING

写真生活
写真生活 posted by (C)TODO

|

« 性善説 | トップページ | 一期一会 »

コメント

私はずーっと絵を描いていたから、絵の構図はわかるんだけど・・
で、風景写真を撮る時には、絵の構図から考えて撮ったりしてます。
どうなのかな?写真も絵も、構図の基本って同じなのかな??
たまにこういう本みると、知ってるようで知らないことが書いてあるから楽しいです。

投稿: hirorin | 2008年6月25日 (水) 23時40分


書いてから思った。
絵は、目の前のものが多少違っても、もっとこうすれば良くなるって描きくわえたり消したりするけど
写真はそういうことできないから、やっぱり違う世界なんだな・・

投稿: hirorin | 2008年6月25日 (水) 23時41分

>ヒロリン

確かに絵は自分でいくらでも作ることが出来るけど、出来上がった時にどう見せるかと言うことにおいては構図と言うものの考え方は多分同じなんじゃないだろうか。

例えば人物を描いたり写したりするときに、画面のどこにどの向きに配置するか、背景の水平線はどのあたりにもってくるか、と言うようなことは絵でも写真でも共通ではないだろうか。と思った。

投稿: TODO | 2008年6月25日 (水) 23時53分

小生も絵を描く派だったんだけど、
絵の構図と写真の構図は、ほとんど似ているよ。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年6月30日 (月) 06時40分

>オヤジさん

うん、似ているだろうね。
違うのは、それを作るのが一瞬でやるか時間をかけてやるかの違いなのではないかな。

投稿: TODO | 2008年6月30日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/41647233

この記事へのトラックバック一覧です: 「デジタル写真生活」:

« 性善説 | トップページ | 一期一会 »