« 中高年向けSNS | トップページ | 長引いている »

2008年5月16日 (金)

かつて人類が撮影した写真の中でももっとも恐ろしい一枚

と某ブログで紹介されていた写真。

これを見た時、私も思いっきりそう共感した。

念のため、この先は続きをクリックして頂かないと見れないようにしておく。(ただしグロではないのでご安心。とにかく怖いのだ)

tomason-01_2

何をやっているのかと言うと、煙突の頂上に立ち、棒の先にカメラを取り付けて、そこから下を撮影しているのである。

煙突の頂上に「立つ」だけでも信じられないが、高所恐怖症の方には分かると思うのだが、高くて怖い場所で上を見ると言うことはものすごく怖いことなのだ!

こいつ一体何モノ? 写真家飯村昭彦氏の作品とのことである。

この写真は高所恐怖症持ちのガラスの神経をことごとく逆撫でしてくれる恐怖の写真である。

でも怖いもの見たさでつい何度も見てしまう、恐怖と入り交じった中に奇妙な快感すら感じる、不思議な写真でもある。でも、ゾ~~~~!!!

|

« 中高年向けSNS | トップページ | 長引いている »

コメント

高いところヘッチャラなんで・・
バカなんで・・。

このマコトちゃんのほうが怖い・・

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年5月17日 (土) 00時02分

>オヤジさん

まだ俺の高所恐怖症は軽症なので、こういう明らかに高い場所が怖いのに過ぎないが、本当の高所恐怖症になると踏み台の上に上がることも出来ないらしいぞ。

投稿: TODO | 2008年5月17日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/41228003

この記事へのトラックバック一覧です: かつて人類が撮影した写真の中でももっとも恐ろしい一枚:

« 中高年向けSNS | トップページ | 長引いている »