« Mac初体験 | トップページ | 旧柳下邸 »

2008年4月 5日 (土)

子供達のいる風景

今日は午後遅い時間になってから、根岸森林公園に行ってみた。

桜が咲き、芝生の緑も色づき始めた公園だったが、何かこの公園は雰囲気が何か違うなと思って、ふと気付いた。

子供達が遊んでいる。

image

どこにも親に連れられた家族の一員としての子供はいる。でも子供達が子供だけで遊びに来ていると言うのは、久しぶりに見た気がした。

子供達が自由に遊んでいるのは、いいものだな。

そう思ってしばらく見ていた。

|

« Mac初体験 | トップページ | 旧柳下邸 »

コメント

たまに、子供だけで公園で集まっていると思ったら、みんなで並んでゲームしてるだけっていうのもありますけど。

カンケリして遊んでる!と思ったら、大学生だったりもします・・うちの前の公園。

投稿: hirorin | 2008年4月 5日 (土) 23時16分

町工場や商店が多い下町では日常的な風景。
でも、子ども達はいつも地域の大人の目で守られています。
この日常がものすご~く「平和」に感じます。

この世に、子どもと女性がいるから平和なんだな、と思う。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年4月 6日 (日) 08時45分

>ヒロリン

ゲーム。(笑)ありがちだなあそれも。
自分でこんなことが意外だと感じたと言うことが意外だったのだけど、外で遊ぶ子供を見ることってほんとに無かったものでね。なんか新鮮な感じがしたんです。

>オヤジさん

下町ではそうなんでしょうね。
私の住むところではほんとに少子高齢化が進んでいて息子の出た小学校も廃校予定です。
だから、今日行った場所は家からは少し離れているんだけど、「あ~ここにはこんなに子供がいるんだな。良かったな」と正直感じました。

仰る通り、子供が明るく元気でいると言うことは本当に大事ですよね。
子供は未来そのものですから。

投稿: TODO | 2008年4月 6日 (日) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/40777893

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達のいる風景:

« Mac初体験 | トップページ | 旧柳下邸 »