« 帰還 | トップページ | 「スペース カウボーイ」 »

2008年3月 1日 (土)

「いい人だったよね」

昨日の新千歳空港の出発ロビーで待っている時、隣りに座っていた若い女性の2人組がいた。仕事のようには見えないので、多分仲良しで北海道観光旅行の帰りだろう。

「あのおじさん、いい人だったよね~」
「うん、いい人だったぁ」

と言う会話が聞こえてきた。

旅の宿で親切にしてくれたおじさんでもいたのだろうか。どんなことがあったのかは知る由もないが、間違いないのはそのおじさんのおかげで彼女らの旅がとても良いものになったと言うことだ。

ふと、「いい人だったよね」と言われる人になりたいと思った。

女性にもてたいとかそういう意味ではない。その場では何も無くても、振り返った時、ああ、あの人は良い人だったな。と思い出してもらえる人になれれば良い。

どんなに成功したとしても、どんなに金持ちになったとしても、「死んでくれて良かった」と思われるような人間になったとしたら、人生にいったい何の意味があるのか。

人生に勝ち負けなど、どんな意味があると言うのか。

「いい人」になること。それだけが人生の目的ではないのか。
ふとそんなふうに思った。

|

« 帰還 | トップページ | 「スペース カウボーイ」 »

コメント

あ♪私もこれ、目標ですよ!!
お葬式の時にたくさん人がきてくれるのを目指してます♪(笑)

投稿: hirorin | 2008年3月 2日 (日) 04時29分

でもいい人だったよね、、、とだけは言われたくない。

投稿: meza | 2008年3月 2日 (日) 08時06分

「あのおじさん、いい年だったよね~」
「うん、いい年だったぁ」・・で終わるような気がするsnail

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年3月 2日 (日) 18時18分

>ヒロリン

「生きる」って言う映画見たことありますか?
黒澤明監督で、志村喬主演。
ヒロリンの言葉でこの映画を思い出した。
葬式の日に皆が集まって故人の思い出を語り合うと言う形式の映画なんだけどね。

死んでから来てくれてもしょうがないと言う考え方もあるかも知れないけど、俺も葬式にたくさんの人が来てくれたらそれで人生の目的は達したと言えるとすら思うね。

>meza

そう? 俺は「いい人だったよね」と言われるのが一番だと思う。
もしかしたらその人にとって「(都合の)いい人」だったとしても、俺はそれでもいいとすら最近は思っている。

>オヤジさん

あはは、それも言えてる。(笑)

投稿: TODO | 2008年3月 2日 (日) 20時22分

いいひとであることぐらいしか取柄がないと認識されるのは嫌だなぁってこと。

投稿: meza | 2008年3月 2日 (日) 23時45分

>meza

なるほど、分からないではないけど、俺は「いい人である」って言うのは全てを包含した総合評価な訳だから、それだけで充分と思ってるんですな。

投稿: TODO | 2008年3月 4日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/40329690

この記事へのトラックバック一覧です: 「いい人だったよね」:

« 帰還 | トップページ | 「スペース カウボーイ」 »