« ロイ・シャイダー逝く | トップページ | 連名チョコ »

2008年2月13日 (水)

テレパシー電話

携帯電話を持ったばかりの年寄りがでかけている時に、息子から電話がかかってきて、その電話に出た彼は、

「どうしてここにいることが分かったんだ?!」

と言ったと言う笑い話があるが、今日会社の帰り道に何度も上司から携帯に電話がかかってきた時、さすがにその年寄りのようには思わなかったが、携帯ってのはいつどこにいても連絡が取れるシステムであることを考えたら、これは実質、いわゆるひとつのテレパシーと言うものと同じと言って良いのではないかと思った。

人と人が場所や距離に関係なくいつでも意思を通じ合わせることが出来ると言うことは、今の時代携帯電話に限らず、インターネットも、それに付随したあらゆるマルチメディアも、コンピュータを利用したいろいろなバーチャルリアリティも、全てその方向、それをよりリアルに実現する方向のための様々なアプローチであると言える。

何を言いたいかと言うと、個人間のコミュニケーションがその密度と蓄積の容量、そしてそれへのアクセス速度の増大、即ち、人類全体が一つの「脳」化する方向へ加速度的に進化をする過程に差し掛かっているのではないかと言うことなのだ。

人間の肉体は衰え、地球の自然は破壊され、資源は枯渇し、要するに物質的には加速度的に人類が終局的な方向に向かっていることは間違いない一方で、人類の情報的な側面は、デジタルな新しい世界の中で、今までとは違う道筋での進化を開始しているに違いない。

おそらく数千年の未来までには、人類は何らかの形で肉体を捨て去って、次の進化の姿、即ちデジタルな世界の新しい生命として宇宙に旅立っているに違いないと、私は信じているのである。

チト血液中のアルコール濃度が上がるとだな、こういう方向に頭脳が暴走を開始するのも私の特徴であることからすると、他の人間より少々進化が進んでいるのやも知れぬ。

|

« ロイ・シャイダー逝く | トップページ | 連名チョコ »

コメント

TODOさん、Aloha・・!。

よく言う、
「高度に進化した科学は魔法と見分けが付かない」
ってやつですね・・!。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2008年2月14日 (木) 20時43分

>jazzさん

まさしく。
しかし一夜明けて読むと、「何を言いたいかと言うと」などと言っていながら何を言いたいのかよく分からない文章ではありましたな。(笑)

投稿: TODO | 2008年2月14日 (木) 21時28分

先輩のような方のことを、人は「デジタリアン」と呼ぶ。
そして、先輩のように、しなやかに使いこなせる方を見ると、人は「Oh,デジタブル!」とも言う?

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年2月14日 (木) 22時11分

>オヤジさん

デジタリアン! なるほど(笑)
しなやかに使いこなしているかどうかは分からないが、好きであることは間違いないですな。

投稿: TODO | 2008年2月15日 (金) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/40115814

この記事へのトラックバック一覧です: テレパシー電話:

« ロイ・シャイダー逝く | トップページ | 連名チョコ »