« 祝日が無駄である | トップページ | 帰ってきた白い恋人 »

2008年1月10日 (木)

Panasonic

リンク:松下の大坪社長、「パナソニック」への社名変更を発表・経営方針説明会 ビジネス-最新ニュース-IT-PLUS

まあ確かに、SANYO、TOSHIBA、SHARP、SONY 等々はアルファベットの社名で充分馴染みがあるが、松下の場合は、Nationalだったんだからな。

Panasonicにしたい気持ちは分かる気がする。

これで思い出すのは、TRIOがKENWOODに変わった時のこと。このときも海外用のブランド名を社名にしたところが、今回のPanasonicと同じだ。

しかし今回の松下の社名変更に要する費用が500億円ってのは思い切ったものであるな。

|

« 祝日が無駄である | トップページ | 帰ってきた白い恋人 »

コメント

「松下電工」も「パナソニック電工」になるそうですけど、なんか変ですよね。
しばらくしたら「パナソニック○×ソリューション」とかにサイド変更されそうで、取引関係のある者としてはメンドクサイです。

投稿: FUKAWA | 2008年1月10日 (木) 22時24分

これで、「ナショナル」と「ナチュラル」を間違えなくて済むのか・・。
海外輸出者をパナで、国内白物家電をナショナルという風に住み分けしているものだと思っていたが、それも崩れるのか??

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年1月10日 (木) 23時35分

>FUKAWAさん

「パナソニック電工」はちょっとねえ。
「松下電工」の方が座りがいいですね確かに。

>オヤジさん

それも崩れるみたいですぜ。
もうぜーんぶパナにするんだって。
お年寄りには多分不評でしょうが、それも分かった上で敢えてやると言うことのようで、それはそれでまあ勇気ある決断だとは思います。

投稿: TODO | 2008年1月11日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/17643423

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic:

« 祝日が無駄である | トップページ | 帰ってきた白い恋人 »