« S6000fdの高感度ぶり | トップページ | 上司と部下のギャップ »

2007年12月 6日 (木)

しかしデジカメって

またかよ。

と誰もが思ってもオレ様のブログなのだから書きたいことを書くのである。

しかしデジカメって、何がいいと言ってフィルムがいらないことにつきよう。

ばちばちばちばち。もう捨てるように撮る。何のためらいも無くシャッターを押す。いくら撮ってもフィルム代がかからないから非常に気軽に撮れる。

ありがたいことなのだが、こんなに気軽でいいのか?と、昔フィルムカメラを使っていた年寄りは思ったりもするのである。

気軽に撮れると言うことは、写真の1枚に込める気合いと言うか念と言うか、そういものが欠如して、良い写真が撮れないのではないか? とか。

まあ、それは当たっていないと思う。

それは、ワープロ、パソコンで良い文章が書けないか?と言うことと同じである。

確かにワープロが出来てからは文章の書き方も革命的に変わった。

思いつくままにどんどん打ち込んでいって、後から前後を入れ替えたり挿入したり削除したりして、文章を切り貼りして作れるようになった。

でもだからと言って、そこから出来る文章の質が落ちることはないし、文章を産み出す苦労が無くなる訳ではなかった。

デジカメもそれと同じことだなあと思う。

写真を撮る楽しさも、良い写真を撮るために必要な努力も、本質は昔のカメラと何も変わっていないのだ。

|

« S6000fdの高感度ぶり | トップページ | 上司と部下のギャップ »

コメント

私も年寄りだから、「これフィルムだったらいくらくらいになるんだろう」とたまに考えます。
しかし、この時代になっても母Y子さんはいまだに林家パー子並みにフィルムで写真をとっては現像に走っております。

私がネットからプリント注文してお店に取りにいった話をしたら腰を抜かすくらいビックリしてました(笑)

投稿: hirorin | 2007年12月 7日 (金) 07時06分

TODOさん、Aloha・・・!。

えぇっ・・・、デジカメってフィルム要らないの・・・(爆。

自分も10代の頃に銀塩35ミリカメラから入ったもので・・・、
フィルム一本最大35枚の頭があります。

だから、デジタルになってもあまりパシャパシャ撮れない
小心者・・・なんですよ・・・(笑。

自分にとってのデジタルの最大の魅力は
「撮った写真がその場で見られる」
・・・かな。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2007年12月 7日 (金) 21時03分

あと、充電池が長持ちするようになったことや、メモリーが安くなったことが嬉しいよ。1GBがスーパーで売っているんだから、身近だわさ。。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年12月 7日 (金) 21時38分

>ヒロリン

あはは。分かる分かる。
俺は自分で撮った写真はパソコンで観賞するだけでプリントはしたいとは思わないんだけど、ちょっと前にクラス会があったとき、デジカメで記念写真を撮ったら、近くにあるショップですぐプリントして全員に配っていた。そういうことができるってのもデジカメの良さだよねえ。

>jazzさん

最大35枚。懐かしい感じですねえ。
でもね、私も似たような感覚がありますよ。
デジカメについてる連写機能なんて、それを存分に使いこなしてたくさん撮ればいいのに、なんか躊躇すると言うか。

>オヤジさん

1GBでも安くなりましたねえ。確かに。
画素を少なくすれば1000枚くらい撮れるからね。
もうフィルム時代からするとあり得ない環境だよね。

投稿: TODO | 2007年12月 7日 (金) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/17292156

この記事へのトラックバック一覧です: しかしデジカメって:

« S6000fdの高感度ぶり | トップページ | 上司と部下のギャップ »