« レタッチサービス | トップページ | 検診 »

2007年11月20日 (火)

渡辺貞夫が良いのだ

iPodに詰める曲もいつしか秋冬物に変化してきている訳で、ジャズをじっくり聴いてみたいと言う気分になって、ちょっと前に何気なく買ったナベサダの往年のヒット曲回顧集みたいなこのアルバムを入れてみた。

ザ・ベスト(芸歴50周年記念特別企画) ザ・ベスト(芸歴50周年記念特別企画)
渡辺貞夫 リー・リトナー デイヴ・グルーシン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ナベサダってのは昔は何枚かアルバムも買ったのだが、どうせ初心者向きジャズだろうみたいな、非常に失礼な先入観を持っていたことを真に反省した。正直、真面目に聞いていなかった。

いや、しかし、30年後に聴いてこんなに良いと思うとは。

リー・リトナーとデイブ・グルーシンと言う、当時のNYのトップミュージシャンとの共演は単に売るための企画ではなく、彼らの音楽に溶け込みながら自由に羽ばたき、何よりそのノリが最高に良い。音色が甘口で耳あたりが良いので聞き流すと分からないのだが、この人のアドリブはなんと新鮮なボキャブラリーに溢れていることか。

若い頃の自分がいかに聴く耳が無いにも関わらず生意気な先入観を持っていたかと、恥ずかしい限りだ。

と言うことになると最近のナベサダ様を拝聴したくなる訳で、さきほどiTunes storeで購入したのがこれ。

ワン・フォー・ユー ワン・フォー・ユー
渡辺貞夫 エティエンヌ・スタッドウィック ナサニエル・タウンスレー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやもうちょっと聴いただけで鳥肌ですわ。明日からの通勤がまた楽しみになった。

|

« レタッチサービス | トップページ | 検診 »

コメント

TODOさん、Aloha・・!。

体内時計が秋を感じてからと言うもの・・・、
ベタベタのjazzに浸っています。

マイルスの後はチョッとジェリー・マリガンを聞いて
今は、アート・ペッパーの
「Modern Art」と「Meats the Rhythm Session」を
繰り返し聞いています・・・。
次は何処へ行きましょうか・・?。

ナベサダは若い頃のTODOさんと同じ理由で余り聞いていませんが
今度、ジックリ聞いてみたいものです・・・。


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2007年11月24日 (土) 13時56分

>jazzさん

jazzって作り手の個性と言うかセンスや考え方や人生観がストレートに出る、というか出す音楽だから、一言でジャズと言っても聴く人によって本当に好みが多様な感じがします。
それでいいんだと思いますが、私はjazzさんの挙げられるようなアーティストは名前は知っていますが殆ど聴いたことがありません。

アートと言ったら、アート・ファーマーの方を聴いていました。

ナベサダもjazzさんが気に入るかどうかは果てさて?

投稿: TODO | 2007年11月24日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/17132736

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺貞夫が良いのだ:

« レタッチサービス | トップページ | 検診 »