« 消費期限と賞味期限 | トップページ | 気に入った話 »

2007年11月 1日 (木)

飛行機の値段

昨日落っこちたF2B支援戦闘機の値段が120億か言われているので、じゃあ旅客機の値段だったらどれくらいするもんだろう? と言うことで即ググってみた。

リンク:Mr.さりえりのブログ - 旅客機の値段

120億円と言うと旅客機ではA330やB777あたりがその価格帯だと言うことが分かった。

ちなみに戦闘機にも結構ばらつきがあって、ちょっと古いがF-15CならF2Bの半分の59億円だが、とんでもないのがB-2ステルス爆撃機の3,273億円って!

リンク:世界兵器価格総覧

いったい何がそんなに違うのか?

部品点数だったら圧倒的に旅客機が多いはずだし、工程数も多いはず。

多分旅客機とは比べものにならないハイテク装備や秘密の構造があるのだろうが、それにしてもである。

つくづく、戦争ってのは無駄遣いであるな。

|

« 消費期限と賞味期限 | トップページ | 気に入った話 »

コメント

弱みに付け込んだ商売の価格だな。
しかも、自爆したり撃沈されたら最後だし、
燃費も悪いんだろうなァ・・。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年11月 1日 (木) 21時17分

絶対、誰か法外な値段で吹っかけているところがあるはず。
NOVAの教材みたいに!!

全然地球に優しくないし、今どきこんなもの作っている方がダサイという世の中になってほしいです~

投稿: hirorin | 2007年11月 2日 (金) 02時26分

>オヤジさん

燃費なんて考えてないですね。
一度浜松基地の航空祭でF-15戦闘機が飛んでいるのを間近で見たことがありますが、あれはそういう常識を超越してますな。
なんていうか燃費とか経済性とかそういう世界じゃなくて、なんと表現して良いか分からないですが「化け物」って言う表現が一番近かったかも知れません。
あんなものを敵にしたイラクがちょっとかわいそうになりましたよ。

>ヒロリン

ほんとだよね。
「暴力で解決することは何もない」のは分かっているはずなのに何故止めないんだろうか。

投稿: TODO | 2007年11月 2日 (金) 21時27分

燃費が良いほうが遠くまで飛べたり長時間哨戒できたりして有利なので、無視はしてないと思うよ。
F2はたったの100機ぐらいしか作らないので特に割高。輸出もしないし。

投稿: meza | 2007年11月 3日 (土) 06時14分

戦闘機は大量生産が出来ないですし、旅客機にはない機能がいっぱあります。それにF2B支援戦闘機はアメリカと共同開発だから、お値段もぐ~んと上がるのだと思いますね。それにしても、三菱の整備後にすぐ事故とは不自然ですよね?小松基地に限らず、自衛隊の基地には整備隊がちゃんといるのに、三菱に整備に出したということは何か特別なプログラムでも組み込んだとか?・・まああくまでも推測ですがね~

投稿: salmon | 2007年11月 3日 (土) 16時34分

>meza

出るべくして出たな。meza先生(笑)

やっぱり量産しないと高いと言うことだね。

>サーモンさん

そうですね。あの事故は落ち方自体も不自然だと思います。
どうみても失速って落ち方じゃないと思うし。

投稿: TODO | 2007年11月 4日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16944439

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機の値段:

« 消費期限と賞味期限 | トップページ | 気に入った話 »