« 東京都庁 | トップページ | レタッチサービス »

2007年11月18日 (日)

どれだけ自由でいられるか

やや二日酔い気味なので、天気は良かったが自重してフォト蔵の写真アルバムを整理したりしていた。

ところでふと、写真を撮ると言うことと、毎日ブログを書くと言うことは共通するものがあると気付いた。

写真の対象は私が撮ろうが撮るまいがそこに時間の流れの中で存在している訳で、それを撮ると言う行為は、良く言われることだが、「一瞬を切り出す」ことである。

ブログを書くのが何故それと共通するかと言うと、私の日常も時間の流れの中で綿々と流れている訳で、ブログを書くと言う行為はその中のほんの一つの出来事やある時感じたことを残し、また外に出すことだからだ。これもまた、自分の人生の中から今日という「一瞬を切り出す」行為であろう。

どの一瞬を切り出すかは、また切り出せるかは、これは感性である。

何も感じなければブログに書くことが出来ないのと同じように、写真も、何も感じなければシャッターを押すことができない。

そして何かを感じると言うことは、「どれだけ自由でいられるか」と言うことだと思う。

良い文を書かなくてはいけないとか、こういうことを書いてはいけないとか、そういうことに縛られずに、どれだけ自由に好きなことが書けるか。

ブログを毎日書くのは、だから感性を保つことの訓練になると気付いていたのだが、写真を撮るのも全く同じで、どれだけ自由に自分の心の目を開くことができるか? と言うことに尽きると思うのである。

|

« 東京都庁 | トップページ | レタッチサービス »

コメント

う~ん、そうかも。
小生もPRG始めてから、1日の中で感じることが多くなったし。
知り合いからも「よく書くことがあるね」と言われるが、ネタは尽きない!程、1日の中で起きていますよ!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年11月20日 (火) 06時03分

酔っ払った話ばかり書いている俺の感性って・・(つД`)

投稿: FUKAWA | 2007年11月20日 (火) 12時23分

>オヤジさん

RPGって読んじゃったよ。ゲームやって感じてるんだ~?みたいな。(笑)
ネタ、尽きないですよね。
そうでなくては生きていると言えない!

>FUKAWAさん

いやそれもまたFUKAWAさんの感性なのだから良いのではないでしょうか。

要は、「こうでなくてはいけない」と言う先入観や不要なこだわりからどれだけ自由になれるかと言うことだと思うんです。

言い換えれば、何でもアリなんではないかと。
それが自分の中から自由に出てくるものであれば。

投稿: TODO | 2007年11月20日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/17113024

この記事へのトラックバック一覧です: どれだけ自由でいられるか:

« 東京都庁 | トップページ | レタッチサービス »