« 一人になる時間 | トップページ | 武蔵中原 »

2007年10月 3日 (水)

「プロダクトでたどる自分史」

と言うサイトが紹介されていたので見てみたら小一時間はまった。

リンク:プロダクトでたどる自分史

古くは1945年から2006年までの年表とともに、その年に発売された代表的な工業製品、クルマとか電化製品とか食品などが羅列されている。

ある程度の歳行った方であれば、必ずや昔持っていたり目にした懐かしいモノに再会して胸が熱くなるであろう。お奨めである。

私の場合、一番懐かしかったのはこれ。

image

SONYのスカイセンサー5500と言うラジオである。1972年の頁にあった。

中学から高校生の頃、毎夜これに繋いだ小さなイヤホンから深夜放送を聴いていた。机の上に置いて毎日触っていたのだから、この形を忘れる訳がない。

「良いモノは人を育てる」と言う言葉は好きな言葉の一つだが、あの頃の自分はこのラジオに育てられたような気もする。

|

« 一人になる時間 | トップページ | 武蔵中原 »

コメント

先輩よりちょっと新人類世代の小生としては、ICF5900が欲しくてタマリマセンでした。
でも秋葉でも2万円したので買えず、9000円のナショナル製品で海外の短波放送を聴きあさった。
海外の電波をキャッチするために部屋中にアンテナをはった。
ラジオオーストラリアが好きだった。
ラジオ短波の大橋照子が好きだった。(今もテルテルやっているんだ・・ちょっとビッ栗!)
http://www.dokidokiradio.info/castle/castle/

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年10月 3日 (水) 21時36分

人生ゲームの出来た年に生まれた私です。
シャチハタ印もこの年だったんだ・・・。
長い歴史を持っていたのね。。。と初めて知ってしまいました。

投稿: corosuke | 2007年10月 3日 (水) 22時15分

>オヤジさん

私は中学生の時トリオの受信機を買ってもらって、L型アンテナでSWLしていたことがあります。その後アマチュア無線になったんですけど。

あの頃は海外ってのはすごく遠い存在でしたね。今みたいにクリック一つで世界のどこからでも天然色の情報が飛び込んでくるなんて、想像すらできませんでした。

>corosukeさん

えーと人生ゲームとシャチハタのできた年・・・は?
なんて探すのは止めました。(笑)

投稿: TODO | 2007年10月 4日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16650752

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロダクトでたどる自分史」:

« 一人になる時間 | トップページ | 武蔵中原 »