« 腕時計の寿命 | トップページ | GT-Rがカッコ良いと思う件 »

2007年10月24日 (水)

物の霊

と言うものを感じることがないだろうか。

良く聞くのが、壊れかけて買い換えようと思うとちゃんと動き出す電気製品とか。

まるでこっちが買い換えるぞと思っている気持ちを読んでいるかのような。

それで思い出したのが、昔あるオーディオ雑誌に書いてあった怪談(?)。

ある音響メーカーのスピーカー試聴室に昔から置いてあった大きくて重いスピーカーがあったのだそうな。

古くて場所を取っているスピーカーは片づけようと言うことで、ある日そのスピーカーを撤去したところ、その後そのスピーカーを置いてあった場所に行くと、何もないのにけつまづく人が続出したとか。

そういえばオーディオ評論家の故長岡鉄男氏は、カートリッジの除霊をするとか言っていた。

目に見えない部分で人間の非常にメンタルでな部分に働きかけるオーディオの世界と言うものは、そういう世界に接点が近いのやも知れぬ。

ともあれ、モノにも魂がこもると言うことは、あるような気がする。人が長年使うと、きっと何かしらオーラとか念が転写されるのであろう。

と言うことで、この腕時計、どうしようか?(笑)

|

« 腕時計の寿命 | トップページ | GT-Rがカッコ良いと思う件 »

コメント

亡き父が残した腕時計、使わないでいたら文字盤が錆びてきたことを思い出した。

次の昇格の前祝いとして、仮に新しいソーラー電波腕時計を購入したとしても、今までの使っていた腕時計、大切の保管されることを薦める!(記念すべき菜な昇進祝いということで。。!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年10月25日 (木) 00時13分

微妙に波長を共有できるようなログですね(^_-)-☆

「フォト蔵」はレベル高すぎて嬉しいです(^◇^-苦笑い)

投稿: おけい | 2007年10月25日 (木) 19時45分

>オヤジさん

いや次の昇格はないですね。とほほ
ソーラー電波腕時計はたぶん、買わないですが、もちろん新しい時計を買っても古いのは保管します。携帯も後で楽しめると思って何台も保管してます。

>おけいさん

初めまして!
フォト蔵はレベル高い写真も多いですが、そうでもないのも多いので、敷居は低いと思いますよ。

投稿: TODO | 2007年10月25日 (木) 21時10分

以前印刷機のオペレーターをしていた時、トラブルに悩まされることが多くてどうにかならないか?と思っていたらその物の霊というか、物にも何か宿るものがあるという話を聞きました。それからは、朝印刷機に手を置いて「今日も一日頼むね」と心の中で語りかけはじめたら、不思議とトラブルが少なくなったのです。

投稿: salmon | 2007年10月27日 (土) 08時58分

>jazzさん

そういう話って結構ありますよね。
物に霊が最初からあると言うより人が長い間使うことで何かが乗り移るんでしょうな。

投稿: TODO | 2007年10月27日 (土) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16861352

この記事へのトラックバック一覧です: 物の霊:

« 腕時計の寿命 | トップページ | GT-Rがカッコ良いと思う件 »