« 赤福 は痛い | トップページ | 秋山郷・切明温泉 (その2) »

2007年10月13日 (土)

秋山郷・切明温泉 (その1)

その秘境は上越新幹線越後湯沢駅から車で1時間半ほどかかる山深い谷中にある。

リンク:秋山郷 - Wikipedia

実はこの旅はただの観光ではなくて、わざわざこの場所であることには理由がある。その理由は明日の記事に書くことにする。

旅の顔ぶれも珍しい。私の父、私、私の息子と、男ばかり親子3代の旅である。たぶんこんな旅はこれが最初で最後だろう。

途中の田んぼはもう稲刈りが終わっているが、山々はまだ葉先がやっと色づき始めたばかり。紅葉真っ盛りの季節ならさぞ素晴らしいに違いない。

河原には温泉が湧いている。「手堀温泉」との看板もあったが、実際には巨石がごろごろしていて自分で掘るのはまず無理。でも既に掘られた穴からは湯気が立っていて本当に温泉だ。

たっぷりと温泉につかった後は、川魚と山菜料理を堪能した。

KIRIAKE1

その他の写真もフォト蔵にアップしたのでよろしければ。

秋山郷
秋山郷 by (C)TODO

|

« 赤福 は痛い | トップページ | 秋山郷・切明温泉 (その2) »

コメント

新潟にも川湯温泉があるんですねぇ。
男3代での旅、天気も良く、何より!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年10月15日 (月) 22時24分

>オヤジさん

ありました。が、浸かっている人を見たら穴が浅いので腰から下しか浸かれず、逆に寒いんじゃないかと。(笑)

投稿: TODO | 2007年10月15日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16760329

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山郷・切明温泉 (その1):

« 赤福 は痛い | トップページ | 秋山郷・切明温泉 (その2) »