« 物の霊 | トップページ | 絶対無理 »

2007年10月25日 (木)

GT-Rがカッコ良いと思う件

私はクルマの免許を持っていないのだが、一時クルマが非常に好きだった時期があって、それはいつ頃かと言うとまだ免許を取れない年齢の高校生の頃であった。

時代で言えば、サニーやカローラが1,000CCで、日産がチェリーやローレルを、トヨタがセリカとカリーナの初代を、マツダがコスモを、三菱がギャランGTOを、ホンダがZを出していた頃だ。

あの頃のクルマは実に皆個性的で、だから見ているだけで楽しかったものだが、それ以来クルマには全く縁がなくなってからは、どのクルマも同じように見えてしまって仕方がないと言うのは、単に私がクルマの知識が無くなっただけではなく、実際同じような形になってきてしまったのだと思う。

ところがこの日産GT-Rと言うやつが発表されたのを見たら、久々にカッコ良いクルマが出たなと感じた。あの頃の日産が帰ってきたと言う感じだ。

カッコ良いのだがどことなくスマートになりきれない無骨さや、ワイルドな中にも育ちの良さや上品さも感じるあたりが、やはりスカイラインの血統だろう。

特に丸いテールランプはかつてのGT-Rを知る者にはこれでなくてはと言うものだ。ストレートにそれを踏襲して見せたところに、忘れていた情熱を取り戻そうと言う、日産の気合いを感じる。

image

リンク:日産:GT-R ホーム

|

« 物の霊 | トップページ | 絶対無理 »

コメント

これ、そんなにやっぱりカッコイイって言われる車なんですね。みんな騒いでるし。

私はこういうカッコイイのじゃなくて、ロボットが乗っかってる車が可愛くて欲しいな~と思いました。

投稿: hirorin | 2007年10月25日 (木) 23時45分

TODO師匠っ!
お久し振りで申し訳ないのですが、

このデザインで、この機能で
(当然のことながら2シーターで)

最低300万オーバーで売れますか?


今更、売れたら、
私の仕事もウハウハですわ。多分。

ですので、
売れて欲しいですわ。

みんな、買ってネ?

でもなぁ~???


再見!!!


投稿: ガッシー | 2007年10月26日 (金) 00時07分

デザインはいいと思うんだけど。燃費がねぇ。。
これが覆面パトカーならばカッコいいんだけどなァ。葛飾署で購入しないかなァ。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年10月26日 (金) 21時12分

>ヒロリン

なんて言うのかなあ。スマートさだけじゃないカッコ良さがあるんだよな。例えて言うならカッコいいとは言ってもイケメンって感じじゃなくて男が惚れるいい男みたいな感じかな。

>ガッシーさん

いや多分売れないでしょうな。(笑)
私が思うにこのクルマはあまり売る気はないんじゃないかと。
そりゃ売れた方がいいけど、売れないリスクは承知の上ってゆうか。

>オヤジさん

両さんが腕まくりしてこれに乗ってる姿を想像したじゃないかっ! 似合わね~~!(笑)

投稿: TODO | 2007年10月26日 (金) 23時40分

TODOさん、Aloha・・!。

今日(10/27)から海浜幕張では東京モーターショウの
一般公開って事で、大賑わいです・・。

キット会場に行けばGTRも見られるでしょうが・・・、
自分は平日のなるべく空いてそうな日を狙って・・・、
覗いて見ようかと思っています。

っで・・・、GTRが売れるか・・・?

絶対数出る車ではないでしょうが・・・、
(こんな車が交差点にイッパイ止まっていたら・・・凄い)
絶対に欲しい・・・って言うコアなマニアは必ず買うでしょうね・・・(笑。


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2007年10月27日 (土) 11時59分

>jazzさん

そういうマニアが今の日本にどれだけいるかですね。
会社でもこのクルマが話題になった時、昔は若い人にとってクルマを買うってのは大きな一つの夢だったのだけど、最近の若い人はクルマ離れの傾向が進んでいて、クルマを持つと言うことへのこだわりが無くなっているようなんですね。
ゴーンさんもそういう傾向が分かっていて、と言うか分かるからなおのこと、このクルマを世に問いたいと思ったんじゃないかと思います。
でも、これ若い人と言うより遊びに命かける大人向きでしょうね。

投稿: TODO | 2007年10月27日 (土) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16872013

この記事へのトラックバック一覧です: GT-Rがカッコ良いと思う件:

« 物の霊 | トップページ | 絶対無理 »