« 笑顔 | トップページ | 「グッバイガール」 »

2007年8月 4日 (土)

西田敏行の田中角栄

JALの機内誌「SKYWARD」に西田敏行のインタビュー記事が載っていた。

nishida

その中で彼は、是非演じたいと願っていると言う人物についてこう語っている。

「僕は、田中角栄というきわめて人間臭い日本人を、どこかで愛している。田中角栄が権力を握っていた時代は、清濁併せ呑むのが大人じゃないかといった風潮が、日本全体に流れていた。でもそれが国民にとってすごく悪かったかというと、そうでもないという思いがあるんです」

我々が若かった頃は、大人になると言うことは、そういうことなのだろうと確かに思っていた。子供は単純なことしか分からない。簡単に白黒つかないことがあるんだと言うことが分かる、そういう難しいことが大人になることだろうと。

確かに悪いことは悪い。でも濁った中、混沌とした中からしか何かを産み出すエネルギーってのは出てこないんじゃないか。それがあの頃の日本にはあったんじゃないか。

今の世は何か、そういう部分が無くなってきている気がする。間違ったことは問答無用にダメ。濁は認めない。清だけじゃないといけない。と言う・・・。

日本が何も産み出せなくなってきているのは、そういう世相と無関係じゃない気がする。

西田敏行が訴えたいことはたぶんそういうことだろう。彼の田中角栄は実にハマリ役だと思うし、今の日本だからこそ、それを世に問う価値がある。

是非見てみたい。頑張って、「田中角栄」の映画を作って欲しい。

|

« 笑顔 | トップページ | 「グッバイガール」 »

コメント

いいですねぇ、西やン、浜ちゃんもいいけど角栄もいいかも!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007年8月 5日 (日) 07時17分

>オヤジさん

浜ちゃんみたいにシリーズ化はできないでしょうけどね。
見てみたいですねえ。

投稿: TODO | 2007年8月 5日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/16006522

この記事へのトラックバック一覧です: 西田敏行の田中角栄:

» 団塊のタレント 西田敏行【団塊世代シニアの暮らし方】 [団塊のタレント 西田敏行【団塊世代シニアの暮らし方】 ]
西田敏行 釣りバカ日誌西田敏行といえば「釣りバカ日誌」です。風貌や体型は2枚目スターではありませんね。団塊世代以前のスターの要素からずいぶんはみ出すしていますが、人気では圧倒的に2枚目スターを抜いています。「釣りバカ日誌」は長寿映画となり、「男はつらいよ」に代わる松竹の国民的シリーズになったてしまいました。西田敏行プロフィル昭和22(1947)年11月4日生まれ。福島県郡山市出身。中学卒業後、上京、明大中野高校から明治大学進学。その後中退し、昭和45(1970)年劇団青年座...... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 23時46分

« 笑顔 | トップページ | 「グッバイガール」 »