« 「ダイハード4.0」見てきた | トップページ | 最近ジャズを聴かなくなった »

2007年7月 8日 (日)

「の・ようなもの」

この映画を初めて見たのは偶然にTVでだったが、「日本にこんな新鮮な映画があるんだ」と感じたのを憶えている。

これ、実は大好きな映画なのだ。
昨日横浜で立ち寄ったDVD屋で出ているのを見つけて、一も二もなく買った。

森田芳光監督のデビュー作で1981年の作品。話の内容は売れない若手落語家と、ソープ譲や落研の女子高生達との青春群像と言うところ。

一見一つ一つは無意味でナンセンスなエピソードがばらまかれているようでいて、でも全体としては不思議と一つにまとまってて、何だか知らないけどちょっとロマンチックで人間くさくて暖かい、森田ワールドの真髄が、デビュー作にして既にここにある。

前に見たときは、彼女とその父親に落語の下手さを指摘されて落ち込んだ主人公が、夜明けの町を歩いて帰るシーンがとても印象的だった。

今日久しぶりに見たら、そのシーンはもちろん秀逸だが、ラストシーンがすごく良いと思った。この映画のテーマがここに凝縮されていると言ってもいい。

noyounamono

ビヤガーデンを借り切っての先輩の真打ち昇進祝い。大騒ぎが終わって皆が帰った後でも残って話してるやつ、寝てしまってるやつ。

若いときはこんな馬鹿やったよなあ。って誰もが懐かしくなるようなーンだ。森田監督の青春への愛が感じられる。

B000H9HR78 の・ようなもの
秋吉久美子 森田芳光 伊藤克信
角川エンタテインメント 2006-10-20

by G-Tools

|

« 「ダイハード4.0」見てきた | トップページ | 最近ジャズを聴かなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/15695622

この記事へのトラックバック一覧です: 「の・ようなもの」:

« 「ダイハード4.0」見てきた | トップページ | 最近ジャズを聴かなくなった »