« KALAPANA | トップページ | Myアバター »

2007年7月19日 (木)

なんのこっちゃかと言う話

中央省庁で最も残業時間が長いのは厚生労働省だそうで。

リンク:asahi.com:「仕事と生活の調和」推進役・厚労省、残業時間が最長 - 暮らし

まさかこういうものを作るのが忙しくて「残業せざるを得ませんでした。」と言うことは言わないよね。

リンク:所定外労働削減要綱の改定について

そこまではまだ呆れるだけで済むが、

試算すると、132億円の残業代不払いが起きているはずだ」としている。

となると許し難い。東京労働局はまず霞ヶ関に不払い残業代の遡及支払いを命じてから、企業の摘発をしなさい。

あ、でもその支払いは税金からか。南無三。

|

« KALAPANA | トップページ | Myアバター »

コメント

役所に行くと、昼間からサンダルでのんきにたばこ吸っている職員とかいますよね・・・
これが一般企業なら、査定で絶対に落としてやる!って思うけど、そういう心配もなさそうな人々・・。
許せないよぉぉ~
もちろんちゃんとやっている人もいるのは知っているので、こんな人たちのために、一緒に烙印押される子も可哀そうではありますが。

投稿: hirorin | 2007年7月20日 (金) 01時01分

>ヒロリン

「人件費予算は月30時間の残業を前提としており」って、まさか予算だからその時間までやったことにしておかないとまずいから仕事もないのに帰らずにうだうだしているんじゃないだろーなっ!
と思った。

投稿: TODO | 2007年7月21日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/15812381

この記事へのトラックバック一覧です: なんのこっちゃかと言う話:

« KALAPANA | トップページ | Myアバター »