« ぽすぴ | トップページ | サボイアS.21 »

2007年6月28日 (木)

ゼロを維持する仕事

今は総務やら人事やらを担当している私であるが、数年前まではそれまでの約20年間、開発と言う仕事をしていた。

いわゆる事務職と言う職種になってそれまでと決定的に違うと思ったのは、開発や営業と言う仕事は、ゼロから何かしらプラスの価値を作り出すことが仕事であるのに対して、事務職はゼロを維持することが仕事であると言うことだ。

事務職が完璧に仕事をこなしている時、会社の他の部門からは何事もないようにしか見えない。何も不自由しない、何も気にならない。そういう状態を維持するのが、事務職、間接部門と言われる部隊の役割なのである。

でも人が仕事をしている限りは何かしら抜けやミスも発生する。そうしたときに事務職の仕事と言うのは非常にそれが目立つ。日頃誰もが当たり前だと思っていることに穴が空くからだ。

開発と言う仕事でもミスは当然する。でも開発と言うのはただでさえ失敗を繰り返しながらゴールを目指すと言う性質上、日常のミスは表面化する前にいくらでも自分でやり直してカバーすることが出来るのだ。

事務職に移ってすぐの時には、開発に比べて短期間で達成感が味わえるのが良いと思っていたこともあったが、ミスがあっと言う間に表沙汰になる、そういう恐ろしい職種であると言うことに気付くのに、さほど時間はかからなかった。

そういう厳しさのある職種であるのに、それを自覚しないでごまかし続けていると、社会保険庁になってしまうと言うことなのだろうな。

|

« ぽすぴ | トップページ | サボイアS.21 »

コメント

事務仕事って会社によっては軽視しているところもあるんですよね。でも、事務の仕事を完璧にこなすっていうのはものすごく大変!!

なかなかそれが理解できてない人って多いです。誰でもできる事務仕事って思っていて、テキトーな人を採用して苦労している会社をいくつか見てます(笑)

投稿: hirorin | 2007年6月28日 (木) 23時29分

>ヒロリン

そうそう。大変なんだけど、「完璧にやって当たり前」と言う評価しかもらえないところがつらいところなんだよねえ。

名将ほど後方保守部隊の大切さが分かってるはずです。

投稿: TODO | 2007年6月28日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/15588167

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロを維持する仕事:

« ぽすぴ | トップページ | サボイアS.21 »