« 再び「山弦」であるが・・・ | トップページ | ぽすぴ »

2007年6月26日 (火)

いろいろ事情がある訳で

確かに決してそれで良いとは言わない。

でも何年も前の自分が担当していない頃は、紙と鉛筆と定規と算盤使ってやってた訳で、パソコンもExcelもない訳で、そして自分も担当していない訳で、そこでどんな間違いがあったにせよ、いや正直多分いろいろ間違っていたのだと想像はするのだけど、だからと言って、それは今の自分のせいでは無いわけで・・・・でも立場上それは一応言わずに。

結果として間違いがあれば、「申し訳ありませんでした」と謝って一生懸命修正はするよ。でもね・・・

 

うちの会社でも総務・人事部門には「俺の年金番号教えて欲しい」と言う問い合わせが増えて迷惑はしている。

でもね。

自分も似たような仕事をしているから弁護する訳じゃないが、今最前線で対応している職員はたぶん、きちんとやってるんじゃないかな?

そういう人達を責めてボーナス返上しろとかいじめても、昔いい加減にやってたOB達は、どこかの天下り先で悠々涼しい冷房の下で煙草でもくゆらしているのではないかね。

|

« 再び「山弦」であるが・・・ | トップページ | ぽすぴ »

コメント

今いる職員のボーナスを返上しろっ!てのは納得いかないなぁとニュースを見て思ってた私。
未だに日本の賞与ってのは生活給与みたいなところがあるから、きっと生活設計がかわってしまう職員もいるのだろうな。
どうせ返上しろっていうのなら、今年金もらっている元職員に言うべきだと思うんだけど。過激かな?

投稿: corosuke | 2007年6月26日 (火) 23時42分

問題が発覚したときにいる職員がいつもハズレくじなんです。
道路公団にしても、郵政省にしても、もういないOBはたぶん
ひと事で内心(自分が居るときでなくて・・よかった~)と
胸をなで下ろしているに違いない。
とにかくこの問題は導入した時点から間違ってますよね~

投稿: salmon | 2007年6月27日 (水) 21時02分

なんで昔ダメだった組織が今はきちんとやっているって思うのかな。

ああいう仕事は効率悪くても愛想わるくてもまぁ我慢するから、「記録と計算だけ」はしっかり確実にやってくれよって期待してるわけじゃん。市民としては。

それが思いっきり裏切られたわけで、あんたら全員逝ってよしって思われて当然だよ。

でも、賞与カットには俺も反対。
年金をカットが相応しい処分でしょう。

投稿: meza | 2007年6月27日 (水) 22時05分

確かに、今回の問題を起こした根源は昔働いていた減枯れ落ち葉の人たちだとは思う。
けど・・・、私も今の窓口の人はかわいそうなだなぁ~と思いつつ、いつも定時に帰社してたんだし、世の中の会社っていうのはこういう理不尽なことで翻弄されるんだよ!これでみんなの残業の苦労がわかるだろ??とか、ちょっぴり思ってしまいます。

ちょうど社会保険料の算定の時期で、6月給与がアップしたらどうなる?どう思う??えぇ???どう??・・って・・・ちょっと・・一般社会人の気持ちを体感できる良い機会なのではないでしょーか。

とはいえ、やっぱり社保庁の超末端は、相当苦労してるなぁ・・。ほとぼり冷めるまでがんばってもらいたいです。

投稿: hirorin | 2007年6月27日 (水) 23時43分

>corosukeさん

いや私もそう思いますよ。
まあ公務員でも賞与が保証されてるとは限らないと言う前例を作ることは悪くないかなとも思います。
大企業神話が崩れた時と同じように、公務員神話も崩れる時期が来たと言うことかも知れませんね。

>サーモンさん

>問題が発覚した時の職員がハズレくじ。
これ、リアル仕事で結構体験しているから非常に身に迫る話ですよ。
何十年も前からこの仕事してたんなら自分も責任あるかも知れないけど、ほんの数年前からやってるのに、なんでそんな昔の今いない人がやったことで責められるんだよっ!って。
でも仕方ないんですよね。それが事務仕事の宿命ってもんでもあります。
これは耐えるしかない。しかしつらい。(笑)

>mezaさん

自分達がやってる仕事が、昔ダメだったことを少しずつまともな状態に戻すことだからです。
うちの会社でも一昔前は紙と鉛筆でさぞかし滅茶苦茶にやっててミスもたくさんあっただろうと思うことは事実としてあって、でもそういうことを一つずつ電子化して間違いのないようにして、スピードもアップして、ってそういう努力をしてきている。

昔ダメだったからこれからもダメに決まってる。そう思われることが一番悔しいんです。

総務部は会社の中でも一番今回の件でとばっちり受けている部署でありながら、何故か皆私のように思ってます。

同じような仕事をする同士、お互い頑張ろうぜ! くらいな感じを持っていますね。

投稿: TODO | 2007年6月28日 (木) 00時05分

>ヒロリン

算定の時期だねえ。うちも今真っ最中。

でもねこういう仕事してると、国がいろんな制度作ったり法律変えるたびに仕事増えるから、もうそういうもんだとあきらめも出てきましたよ。

それにしてもほんと最近、昔はなかった仕事が増えた! たまらん。

投稿: TODO | 2007年6月28日 (木) 00時17分

え???
社会保険庁の連中が腐ってたのじゃなくて紙と鉛筆がいけなかったのか!

それなら賞与返上なんてとんでもない話だね。社会保険庁の連中は1円たりとも譲るべきじゃないよ。

投稿: meza | 2007年6月28日 (木) 10時27分

今、ちょっと調べてみたら社会保険業務のオンライン化に当時の労組が反対してたというではないですか。それなら紙と鉛筆のせいにしちゃ駄目かと。

投稿: meza | 2007年6月28日 (木) 11時11分

>meza

いや俺は何も昔はずさんなことをしていたと言うことを否定しようと言う気はないですよ。
それは今の結果が表している訳で。

ただ、昔はそうだったからこそ自分たちはちゃんとやろうと思って努力している人達がいるんじゃないかと、若干の希望を込めて想像しているのです。

オンライン化すると自分たちが用無しになると言うことで反対していたと言うことでしょう。昔は良くあったことですね。
電子化しても実はちっとも仕事は減らないと言うことにまだ気付いていなかった時代の勘違いですねえ。
それが今の結果の大きな一因であるとは私も思います。

投稿: TODO | 2007年6月28日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/15569200

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ事情がある訳で:

« 再び「山弦」であるが・・・ | トップページ | ぽすぴ »