« EZアプリ版「エンパイア・アース」 | トップページ | 創業記念日 »

2007年6月13日 (水)

眠れる話

風呂に入っているとつい気持ちよくてうとうとしてしまうことはあるのだが、今日は完璧に意識が無くなった。

ぬるめの湯に浸かっていると疲れが取れて良いのだが、これが適温だと危ない。ほんとに今日は一瞬眠っていた。

実は私はどんなところでも眠ることができるようになっていたのではないかと気付いたのは、数年前に特許庁情報館で端末待ちの椅子に座って眠ってしまった時のことだ。もちろん仕事で行っていた時。

それ以来、以前は眠れなかった飛行機の中でも眠れるようになったし、昼休みは10分もあれば眠れるし、毎朝の南武線は爆睡時間だし、これは良いことか悪いことか。と言うとやっぱり良いことではないかと思う。

最近、仕事で結構ボケもかましているのであるが、そろそろ自分のペースは守った方が、総合的には良い結果を生むのではないかと考え始めている。まああまり気張らずに。

そういう一環として、どこでもいつでも眠れると言うのは、我が精神として決して悪くない状態であることのバロメータと、今後も思おうと思っている。

|

« EZアプリ版「エンパイア・アース」 | トップページ | 創業記念日 »

コメント

初体験の場だと眠れませんけど、同じものを何度も経験していると
安心感もあって眠れるようになるのでしょうねぇ~

でも僕は初めて行った場所の飲み会の帰り、電車で寝てしまい乗り過ごしました!
夜中のさびれたホームに一人・・・

投稿: salmon | 2007年6月14日 (木) 20時44分

いつでもどこでも寝てしまう人の一人です(笑)
なので お酒がはいったときは 電車で乗り過ごさないように
細心の注意が必要・・・

投稿: はぼっく | 2007年6月14日 (木) 23時46分

>サーモンさん

初体験の場所でも眠れてしまうようになってきたのが少々怖い私です。
初めて行くところのバスで途中で降りなくちゃいけないのに寝るってどうよ?(笑)
夜中のホームは寂しいですよねえ。分かる分かる。

>はぼっく

乗り過ごしても終電まで時間があるときはまだ戻ってくれば良いけれど、乗り過ごした電車が終電だったら最悪ですな。
若い頃は何度かやりました。定期券で帰れるのにばかばかしいことにタクシー代数千円・・・。

投稿: TODO | 2007年6月15日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/15423865

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れる話:

« EZアプリ版「エンパイア・アース」 | トップページ | 創業記念日 »