« ブログ投稿支援ソフトを使ってみる | トップページ | 学生の質問 »

2007年3月14日 (水)

南武線

南武線が開業80周年とのことで、こんなステッカーを貼って走っている。

南武線は京浜工業地帯の真ん中の川崎を始点に、多摩川に沿って立川まで、ほぼ一直線に南東から北西に走っている。

最近再開発が進んだとは言え、未だに下町臭さを残す川崎から多摩川沿いの中小工業地帯の中に沿線に競馬場や競輪場が多いことも関係しているのか、どうしてもオヤジ臭さの漂う路線である。

これはこれでまた一つのネタとして考察したいと思うのだが、例えば渋谷と横浜と言うお洒落な二つの町を結んでしかも途中に自由が丘や田園調布などの瀟洒な住宅地を配する東横線などと比較すると、明らかに乗客の人種が異なる。南武線はその東横線と武蔵小杉で接続しているのに不思議なことではある。

一方周辺には東芝、富士通、NECと言った超大手電機メーカーの工場が点在するのだが、そうした大企業が長い冬休みなどの時期になると、車内には休みがない中小企業のオヤジばかりが寒々と座っていると言う、えも言われぬもの悲しい風景を醸し出す。こういうのを今流行の言葉で表すると「格差」と言うのであろうか。

それでも川崎市は頑張って上記の大企業が並ぶ点を挙げて南武線を「ハイテクライン」などと言ったそうだが、どう考えても無理があろう。

30年近く南武線で通っている私としては、昔東芝の工場があった川崎駅西口前で、深夜に食べた屋台のラーメンが懐かしく思い出されるのである。旨かったなあ。

|

« ブログ投稿支援ソフトを使ってみる | トップページ | 学生の質問 »

コメント

確かに路線による客層の違いってありますよね。
友人の話によると、常磐線はそうとうひどいとか・・・。

投稿: FUKAWA | 2007年3月14日 (水) 23時12分

>FUKAWAさん

常磐線も下町と田舎を繋いでいると言う点で南武線に共通するものがあるかも知れませんね。

あ、これマジ面白いテーマかも。
温存して考察を重ねまたそのうちネタにしたいと思います。

投稿: TODO | 2007年3月15日 (木) 00時21分

初めて常磐線に乗ったときの衝撃は今も忘れません。。。酒とするめとオヤジ臭。泣きたくなりました。
が、南武線も泣きたくなった記憶があります。お葬式からの夜の帰り、あの雰囲気は寂しすぎた。
でも普段はもっぱら競馬場行くのに使っていたので、私にとって南武線はワクワク電車でした。

投稿: hirorin | 2007年3月16日 (金) 09時34分

>ヒロリン

ヒロリンが南武線の中で赤鉛筆片手に競馬新聞読んでいるところを想像したら、実にしっくりきました。

投稿: TODO | 2007年3月16日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/14262377

この記事へのトラックバック一覧です: 南武線:

« ブログ投稿支援ソフトを使ってみる | トップページ | 学生の質問 »