« ◆緊急告知!!◆ 新春特別企画!「チャットしようぜ!」 | トップページ | 長い休みであった »

2007年1月 6日 (土)

「残業代ゼロ」で早く帰る?

リンク: asahi.com:残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」-政治

長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増える

と安部総理はお考えとのこと。

と言うことはですよ。今のサラリーマンは残業代を稼ぐために長く働いているのであり、働いた分だけ残業手当をもらっていると言うことですね?

同じだけ働いても残業代がもらえないとなれば、皆長く働くのを止めて早く家に帰るようになると。

確かに現行の労基法では長く働くほど残業手当がもらえる。ことになっている。

だがいったいどれだけの企業できちんと残業代が支払われているのか、厚労省からの報告は耳に入っていないのだろうか?

日本人は金のためじゃなく責任や誇りのために働く。残業代が出ようが出まいが仕事が残っていれば最後までやる。

経団連はそれをちゃんと分かっている。日本人が働く限りサービス残業は絶対に無くならないのだ。

だから現状を合法化するには、残業と言う考え方自体を無くしてしまうしかない。それがホワイトカラーエグゼンプション提案の本質だ。

だからホワイトカラーエグゼンプションになれば、皆が早く帰るようになるなどと言うことはあり得ない。
従来は違法だった長時間労働が合法化されてそのまま継続されるだけだ。

安部総理の予測は現実を知らないおめでたいものであると言わざるを得ない。

そもそも人が金で動くと思っているところが根本的に間違っている。日本の勤勉な労働者に対して失礼である。

今年もこの件については、折に触れ書きたくなるはずである。

|

« ◆緊急告知!!◆ 新春特別企画!「チャットしようぜ!」 | トップページ | 長い休みであった »

コメント

貴方のおっしゃる通りなると思うのだが 個人の生活のに何ら問題がない場合で何処へでも転職できる環境が整えば 会社への忠誠心が薄らえた昨今では企業としても思惑が外れるかも知れない 何時の時代も出来る人は強い生き残る 個人の格差の是正は無くすることに努力するより個人のキャラを磨くことだろうと思うのだが老いの思いから・・・・・

投稿: foresutry | 2007年1月 7日 (日) 09時08分

TODOさん、Aloha・・!。
お正月の休暇が今日を含めて後二日となり
ブルーな気分に突入したjazzです・・・(笑。

労働時間・・・難しい問題ですね・・・。

自分は常々部下に
「技術屋は自分の能力を時間で切り売りしてはいけない」
って、偉そうに言っています・・・(笑。

でも、実際・・・、
誰もが一ヶ月の時間を費やしてもクライアントに認めてもらえなかった企画を・・・、

3日でプレゼンを作りOKを貰う・・・、
でも考えていた時間は3時間程度・・・。
(プレゼン作るのは”作業”・・、”作業”は誰にでも出来る・・、また”誰にでも出来る仕事”では多くの評価は得られない)

って言う仕事のやり方に”自分の価値”を見出している”天邪鬼”ですから・・・(笑。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2007年1月 7日 (日) 17時32分

安倍さんはそもそも良いトコのボンボンだと思うので、所詮一般人のことなんかわかってないんだもん。期待もしない。

でも、実際のところ、確かに残業をちゃんと支払っている会社を見てると、仕事が遅い人がダラダラ仕事してて早い人が損してるかも?というのは感じます。
私は仕事ができる人は自主的に早く帰れたり、週休二日や三日になるような働き方ができたらいいな~なんて思ったりします。あ、それって完全フレックスならそうなる?でも、週の労働時間が必ず40時間って決められちゃうとそれもまたなじまないと思う。

投稿: hirorin | 2007年1月 7日 (日) 21時38分

>forestryさん

ホワイトカラーエグゼンプションにおける企業の思惑とは何でしょう?
サービス残業が合法化されれば、違法と言われずに社員を長時間こきつかうことができます。
そうなると・・・。ちょっと思いついたことがあったので次の記事で書いてみたいと思います。

>jazzさん

「技術屋は自分の能力を時間で切り売りしてはいけない」
まさしくその通りですね。
とは言うものの、今の労基法では技術者も何もかもひっくるめて労働は時間で換算して支払いなさいとなっている訳です。
ほんとに自分の裁量で主体性を持って仕事をしている技術者や上司の指示監督をいちいち受けないで独自に行動している営業マンなどには、ホワイトカラーエグゼンプションは、より自由に働ける制度として歓迎される可能性はあります。現に私の会社でも営業マンからはいちいち残業を申告するのは面倒だから一定額でみなしにしてもらった方がいいと言う声が出ています。ただし、あくまでも一定以上の報酬が確保されている前提ではありますが。

>ヒロリン

企業の側からすると、ダラダラ仕事をしている者にたくさん払わなくちゃいけないのはたまらんと言うのは当然のことですよね。そこからホワイトカラーエグゼンプションの発想が出たのは理解できます。

仕事ができる人が自分の仕事が終わったら早く帰れる。
そういう風土が日本の職場にあるなら、今までもサービス残業はこれほど問題になっていないでしょう。
人員削減で仕事は飽和している。
だから実態は仕事ができる人にどんどん仕事が集中して、結果として仕事ができる人がつぶれてしまい、のんびりと仕事をしている人間はそこそこ残業代ももらって人生をエンジョイしている・・・と。
それは極端な例ですけど、多かれ少なかれそういう状況が多いのではないでしょうか。

なんかだんだん、ホワイトカラーエグゼンプションもまんざら悪くないように思えてきた。(笑)

投稿: TODO | 2007年1月 8日 (月) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/13353513

この記事へのトラックバック一覧です: 「残業代ゼロ」で早く帰る?:

» ホワイトカラーエグゼンプション@中年おやじ情報屋台 [中年おやじ情報屋台@中年おやじのネタ処]
[続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 09時31分

« ◆緊急告知!!◆ 新春特別企画!「チャットしようぜ!」 | トップページ | 長い休みであった »