« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

Moon Over Andromeda

最近このブログに写真が少なくて潤いが乏しいと思っていた私のために。

Moon_andromeda

リンク: APOD: 2006 December 28 - Moon Over Andromeda

APODの最近の写真の中で印象に残っている1枚である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

雑想

左手の指先がテカってきた。
ギター指完成間近。

「ハローワーク」
と言うネーミングを採用した役人はえらいと思う。

VISTA。
いりますかね? 取りあえずいらない。
XP入れたのがつい最近の気がするし。
メモリ1G必要って・・・なめてる。

筑紫哲也
が異常に嫌い。

最近何故か惹かれているもの。

軍艦島。


家のパソコンは相変わらず。
軽くヤバい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

軽くヤバいPC

最近パソコンがすぐにつかないのだ。

正確には、パソコン本体は普通に起動する。起動の音楽も鳴るのでそれは分かる。

しかし、画面がしばらく真っ暗なままで、数分待つとぷつーんと言う感じで表示が出る。

一昔前のブラウン管かお前は。仮にもLCDだろうっ!

とつっこみを入れたくなる状態なのだ。しかもブラウン管さえもうちょっと速いぞ。

これはいったい原因は何か?

既に原因を探るべく、いろいろ試している。

まずはパソコンを起動した後にモニターだけ消して、再度モニターの電源を入れると現象が再現されないことから、モニターが原因ではなさそうだと推定した。

とするとパソコン本体か?

実はこの現象が起き始めて、最初に安いビデオボードが遂にお亡くなりになったと想定して、ビデオボードを、これまた実は安いヤツを買ってきたのだが、それに入れ替えても現象は変わらなかったことを確認済みである。

とすると、パソコン本体の中でも、さらに奧の院であるところのマザーボード様か?

となるとことはやっかいだ。

面倒だ。

このへんで今日は日付も変わったので、取りあえず寝てみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

寅さん

NHK BSで土曜日に放送していた、「男はつらいよ」全48作が、昨日で最終日だった。

土曜の夕食時にTVをつけると、「あ、また寅さんやってる」と言って見始めたら、毎回いつのまにか見ちゃっていたのだが、考えてみたら、寅さんの映画って、最初から最後まで通しで見たことってあまりないかも。

寅さんの映画は、どこから見始めてもだいたい筋書きが分かって、どこから入っても楽しめてしまう。それを我が家では寅さんマジックと言っている。

若い頃は、私は寅さんが好きではなかった。

いつも騒々しく帰ってきては一騒動起こして皆に迷惑をかけたり心配をかけたりしている。彼さえいなければ皆平和に暮らせるのに。なんであんな人物が主人公なんだろう? そして何故あんな男に思いを寄せるマドンナがいるんだろう?

実に若気の至りとしか言いようがない。

寅さんは表面的には怒りっぽくて、惚れっぽくて、いつもそれが原因で一騒動起きるのだけれど、そんな欠点を補ってあまりある良いところが彼にはある。

それは、人の心の痛みが分かる人間だと言うことだ。

寅さんは傷ついた人に出会った時、余計なことはしない。決して説教をしない。ただ、

「そうかい、そいつぁ大変だったなぁ」

「つらかったろう」

と共感するだけなのだ。

何をしてもらった訳ではないのに、心の痛みを分け合ってくれた寅さんに皆、癒される。

山田洋次監督は、寅さんを思いっきり欠点だらけの人間として描いた。だからこそ、見ている皆の共感も誘ったし、寅さんが見せる本当の優しさが引き立つのだ。

実る恋は少ないし、欠点だらけでつまづいてばかりいる。

それが生身の人間ってものだから、そんな寅さんが皆に愛されるのだろう。

「人間は何のために生きてるのかな」
「何て言うかな、ほら、
あ-生まれて来てよかったなって思うことが何べんかあるだろう、そのために人間生きてんじゃねえのか」

                                    第39作寅次郎物語

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とか思ってたらしいの(BlogPet)

TODOは
今回の頼まれごとが、その後にどんな影響を及ぼしてくれるのかはまだ分からないが、半分の人生において何かの分岐点が近づいているのかも知れない。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

半分になる

ある店員がアラブ人にコンピュータを勧めた。
店員「これはとっても便利ですよ。あなたの仕事が半分になります。」
アラブ人「じゃあ、2つくれ。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

電車の中での不思議

うちの部署は全員電車通勤なので、昨日電車の中であったこととかを話すことが良くある。

今日もそんな雑談をしていたら、何度か私が経験した電車の中の不思議を思い出した。

例えば、私が座っているとする。

私の左隣りの席が一人分空いている。

電車はそこそこ混んでいて、立っている人が大勢いる。

私の横は空いているのに、何故かそこには誰も座ろうとしない。

別にその席にゴミが落ちているとか、その隣に変な人がいるとか、言うまでもないが私が変な人であるとか、そういうことは全くない。なのに、

誰も座らない。

「なんか匂いがしたんじゃないですか?」

部下Cが言いやがった。

私が座った途端に私の両側に座っていた人が立ったとか言うなら、そういうことも肯定せざるを得ないだろうが、そんなことはなく、右隣の人は何事もなく座っており、ただ、私の左隣りだけが空いているのだ。




   まるで私の隣に、私だけが見えない誰かが座っているかのように。




実は半分本気なのだが、私の守護霊がそこにいたのではないかと思っているのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

頼まれごと

以前お会いしたさる公的機関の方から、ミニシンポジウムをやるのでそこでパネラーとして出演して欲しいと言う依頼が来た。

一応経験はあるのだがあまり得意とする分野ではないし、3月の忙しい時期のさなかでもあるので、やや荷が重いと感じたが、引き受けることにした。

こういう予測しない、本業とは関係ない頼まれごとが舞い込むことは、過去にも何度かあって、そしてそれは必ずその後の私の人生に、岐路とまでは言うのは大げさにしても、少なからず影響を及ぼしているのだ。

例えば、某超有名ソフト会社から販促ビデオの撮影に協力して欲しいと頼まれた時とか、部下から仲人を頼まれた時などだ。

前者はその後に今まで経験したことのない人々や業界との触れあいができたし、後者は今の人事の仕事をやってみたいと思うきっかけになったと言っても過言ではない。

だから今回の話が来たとき、 「あ、久しぶりにそういうのが来たな」 と言う感じを持ったので、断らないことにしたのだ。

頼まれごとをやっていると、それが次第に天職になっていく。

と言う話しも聞いたことがある。

今回の頼まれごとが、その後にどんな影響を及ぼしてくれるのかはまだ分からないが、自分の人生において何かの分岐点が近づいているのかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

「愛ってそんなもんだから」 WAX

今週のKBSトップ10の第7位。

冬の木枯らし舞う並木道が目に浮かぶ。

風は寒いけれど、空は晴れている。

悲しいのだけど、明日はある。

そんな感じの韓流バラードの真髄と言える曲だ。

下で全曲聴けるのでぜひ。

リンク: KBS WORLD Radio AOD Player

Wax

イントロのピアノでぐっと来たら、あなたも韓流バラード好きの素質ありです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

引きこもりステーション

Workstation

リンク: Ergopod 500:電動式寝ながらワークステーション - Engadget Japanese

これ欲しいねえ。

休日はこれに寝たまま1日を過ごしたい。これぞ週末トド養成マシンと言えよう。

ま、今でも似たような生活はしているのだが。

これを見たらこの文章を思い出した。

動けなくなって、天井に大好きなテレビゲームをはめ込んでベッドに寝ながら遊び、疲れて

「ちょっと昼寝をするよ」と言って、

そのまま静かに息を引き取りたいんです。

         - 鈴木史朗 -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

証明

メロンパンは実在する
メロンパンにメロンは使われていない
メロンは実在する

ウグイスパンは実在する
ウグイスパンに鶯は使われていない
鶯は実在する

以上の事実をふまえれば、カッパ巻きが存在し
それにカッパが使われていない事からカッパは存在することは明らか

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

incredible singing machine

ピタゴラ装置をネットで調べていたら、海外ではこういう装置をincredible machineと言うらしい。

で、そのキーワードで例によってYouTubeを検索したら、ピタゴラ装置とはちょっと違うが、超カッコいいものがあったのでご紹介。

さすがにこれはCGなんだけど、現実にもできそうな感じ。

incredible singing machine

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

正直であること

全ての企業にとって不二家の不祥事は他人事ではない。

企業でも個人でも、人が何かをする限り、必ず過ちはある。その価値が問われるのは、その後の対応だ。

それは頭では分かっていても、いざ自分がその渦中に放り込まれると、無意識のうちに逃げたり守りに入ってしまう。

これもまた人間の性だ。

実は私の会社で、昨年の暮れにある製品の回収騒ぎがあった。

経営者が「全数回収することが最善である」と言う決断を下し、ただでさえ年末の繁忙期に法務、営業、製造の各部門が連携して全力で回収に取り組んだ。

簡単ではなかった。代替品の製造の激務に耐えられず2名のパート社員が辞めた。

昨日は、部長クラスの会議があり、その場で営業本部長がほぼ終息に向かっている回収の状況を報告した。

ユーザからの評価は、概ね「早く対応してくれて良かった」と言うものだった。全体としては、この件で当社の評価は下がるどころか、逆に上がったと言うのだ。

この本部長は当初、回収に反対していた。そんなことをしたら大赤字。大変なことになる。なんとかそれだけは・・・と。

残念なことに、不二家には良識は無かった。

企業も人と同じ。正直であること。誠実であること。そのことだけが信頼を得る唯一の方法であることを、私たちは皆、身をもって知った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

ピタゴラ装置

今日外勤帰りに東京駅内のDVDショップ店頭でこれが流れていたのを見たとき、思わず足がとまってずっと見てしまった。

すごく良い大道芸かストリートライブを見た後の感動と同じものを感じた。

こんな良いものをタダで見せてもらうのは申し訳ないって気持ちだ。逆に言えばそう思えるものに出会えた幸せを感じたってやつだ。

出会いは偶然ではなく必然なので、DVD買って帰ったのは言うまでもない。

B000HOL7HYピタゴラ装置DVDブック1
ピタゴラ装置
ポニーキャニオン 2006-12-01

by G-Tools

いったいどんなものかとお思いの方は、こちらを是非ご覧頂きたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」

と言う本を読んだ。

ベストセラー「内側から見た富士通」も書いた著者は、元同社の人事部にいた人間とあっては、人事部の立場から若者の現状を憂い、その対策について書いてある本かと思って読み始めたら、さにあらず。

「最近の若者はすぐ辞める。我慢と言うものを知らない。」と経営者は嘆く。

確かに昔は皆我慢して働いたかも知れない。だが、それは年功序列の確固たるレールが敷かれていて、それに乗りさえすれば、我慢して頑張ってさえいれば、いつかはポストにありつけ、それに伴って給料も上がる。そういう未来が約束されていたからだ。

体育会系クラブで先輩のしごきに耐えることができるのは、来年になれば間違いなく自分が先輩になって、後から入ってくる後輩をしごく立場に変われることがはっきりしていたからだ。

今はそういう時代ではない。

年功制を否定し、成果主義だと言っているのは企業の側である。我慢さえすれば良いことがあると約束できないのに「若いうちは我慢しろ」と言うことは矛盾がある。

この本は、今また安定を求めて年功序列への回帰が始まっていると言う若者達に、「今こそ若者よ線路から降りよ!」と檄を飛ばしている本だった。

4334033709若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸
光文社 2006-09-15

by G-Tools

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

auの春モデル

リンク: ITmedia D モバイル:ワンセグ7機種、デザインコンセプトモデルなど10機種──auの春モデル

ほんとケータイの世界は速すぎる。年4回春夏秋冬でモデルチェンジだもんね。

今回のauラインナップは、見た目的には割と地味目な感じ。
特にカシオは3つ前のボディとほぼ同じ形に戻ったのが驚いた!おいおいって感じ。

全10機種中7機種でワンセグ搭載。ワンセグはお財布ケータイを差し置いて当たり前になってきた感がある。

それも私的にはうなづけると思う理由は、ケータイのワンセグって思っていたよりかなり実用的だと実感したからだ。

この正月休み中に単身赴任の上司が、ソフトバンクにMNP変更してきた。例のアクオスケータイなのだが、これが会社の室内で非常に綺麗に写る。

うれしそうに昼休みに食事しながらケータイでTVを楽しんでいる上司を見ると、むむ、これはできる。そう思ったのだ。

昔ポータブル液晶テレビとかもあったが、ワンセグ携帯で、初めて実用になる携帯テレビができたとも言えるのではないか。

写真はauのアクオスケータイ W51SH

W51sh


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

穴埋め小ネタ

たかがメンテナンスで1日抜けるのもシャクなので小咄で埋める。(笑)

「あなた今日はいいニュースと悪いニュースの2つあるの。どっちを先に聞きたい?」
「そうだなー、やっぱり。いいニュースだな」
「あなたの車の、エアーバックは正常に動作したわ」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

日本の歌百選

文化庁が主催して未来に歌い継ぎたい日本の歌を100曲選んだそうな。

リンク: 親子で歌いつごう 日本の歌百選

良い歌なんてのは、人それぞれで、お上に決めてもらう必要なんてぇのは余計なお世話だ。くらいに思って見てみたら、そこそこ良い選曲でないの。

子供の頃に歌ったきり忘れかけていた歌や、最近の曲まで。もう一度口ずさんでみれば、ああやっぱり良い歌だと誰もが思えるような曲が選ばれていると思った。

諸兄はどのようにお感じになっただろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

ギターをたくさん練習する

今日はギターを結構弾いた。

生楽器と言うのはやはりいいものだ。

抱きかかえて指をあて、つま弾いた瞬間に出る音は、その時々によって違う。巧く押さえないと音がちゃんと出てくれない分、美しい音を出せた時は、それだけで気持ちよくなる。

練習すればするほど良い音が出せるようになるので、ついまたやりたくなる。

これに比べると簡単に音が出る電子ピアノなんてのは単なるスイッチの固まりに思えてしまう。

特にこのリトルマーチンには、愛おしさを感じる。

小さいので音量は出ないし低音のパワーも確かに足りないが、むしろそれが家の中で一人つま弾くには良い。高音は明るく瑞々しく、全体として清楚な感じの音だ。

良いモノを買った。大事にしていこう。

Martinlxm


| | コメント (6) | トラックバック (0)

結果として家で過ごす時間も増える(BlogPet)

ほんとうは、TODOは
長く働くほど残業手当がもらえる休みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増える
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱんだ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

休み疲れ休み

朝目を覚まして時計を見るといつも起きる時間より10分過ぎている!

今日が土曜日で休みであることに気付いたのは、慌てて飛び起きてトイレに入った時だった! くそう

さすがにまた布団に潜り込んで当然二度寝だが、なかなか寝付けない。仕方ないので早く起きた。

そしたら午後になったら眠くて眠くて、夕方になるまでパソコンの前でうつらうつらとして時が過ぎた。

先週は月曜まで休みだったので4日しか働いていないのだが、そのせいで曜日の感覚がおかしくなったのだろうし、なんとなく疲れがたまってる感じ。

正月休みの疲れが出てきたのだろうと言うことで今日は、その疲れ休み。ってか?

こんなさえない日記だけでも何なので、おまけの小ネタ。

昨日、おじいちゃんがボケ防止の本を買ってきた。
今日も買ってきた。

| | コメント (3)

2007年1月12日 (金)

日本にない歌謡曲

例によって韓国歌謡曲であるが、MCモンと言うラッパーとMaybeeのデュエット。

偶然見つけたのだが、こののどかで素朴で暖かい雰囲気が好きだ。日本にはないね、こういうアーティストも曲も。

ぜひ聴いてみて下さい。どう?

MC Mong Feat.Maybee Letter For U Part2 In KBS2 Love Letter

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

恒例!就職希望人気企業ランキング

毎年のお楽しみ。2008年卒学生の就職人気企業ランキングだ。

1.サントリー
2.資生堂
3.三菱UFJファイナンシャルグループ
4.シャープ
5.伊藤忠商事
6.ソニー
7.講談社
8.みずほファイナンシャルグループ
9.集英社
10.花王

ちなみに昨年のランキングはこちら

サントリーの2年連続首位キープはすごいが、今年の特徴は昨年は全くなかった銀行と出版社が4社も入ってきたことだ。昨年は6位のJTBを除く全てがメーカーであったことと比較すると、全く様変わりしたと言える。

景気が良くなると金融人気が高くなると言うジンクスはあるそうだが、では出版社の人気は何か?

男女別のランキングを見ると、出版社2社は女性からの人気だ。男子のみのランキングでは出版社は20位にも入って来ない。

これは、「のだめカンタービレ」や「デスノート」が関係しているらしい。映画やドラマでヒットした作品を見てから雑誌を読み、それが出版社人気に繋がったのではないかと言う分析が載っていた。

若者達がそっぽを向く紅白歌合戦の出場歌手選びでさえ、もっと流行に惑わされてないぞ?!

そんなんで就職決めていいんか? と毎年ながら思うのですが、どんなもんですかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

YouTubeの動画を保存する

冬休みの自由研究として、YouTubeの動画をPCに保存する方法を色々探していた。

その結果見つけたのが、Craving Explorer と言うソフト。

Cravingexplorer

リンク: Craving Explorer

使い方は見たい動画のキーワードを検索窓に入力するだけで、YouTubeからの検索結果が表示されるので、保存したい動画で、「動画を保存」をクリックするだけ。操作は直感的で非常に簡単である。

通常YouTubeの動画はFLVと言うファイル形式でダウンロードされるが、このソフトではダウンロード後に自動的にAVIやMPEG形式に変換して保存することもできる。AVIやMPEGであればWindows Media Player で再生できるので便利なのだが、ファイルサイズが大きくなることと、音質が若干落ちるようなので、FLV形式のまま保存することをお奨めする。

ただし、FLV形式の動画ファイルには専用のプレイヤーが必要になる。

FLVプレイヤーもいくつか試してみたが、拡大やフルスクリーン表示ができるFLVPががお奨めである。

Flvp

リンク: FLVP(Windows95/98/Me / 画像&サウンド)

YouTubeは貴重な動画の宝庫であるが、アブナイ部分もあるのでいつ見れなくなるか分からない。お気に入りの動画は早いうちにダウンロード保存しておくことをお奨めします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年1月 9日 (火)

仕事始め

社会人になって以来おそらく最長の休みが終わった仕事始めの日。
いや正直、今日起きれるか不安であったが無事起きれて良かった。

それなりに仕事にはエンジンがかかったものの、なんとなく体調が不良。頭痛もする。時差ボケだろうか。

と言うことで小咄。

頭のいい男が、占い師を困らせてやろうと一計を案じた。
「喜びそうなことばかり言ってくれるのはいいから、今度は俺がどういう人間なのか当ててみな」
「そうですか、それでは……。まず、あなたは三人の子のお父さんです」
「ほれみろ、間違いやがった」頭のいい男は言った。
「俺は四人の子の父親なんだ」
占い師は静かな声で言い返した。

「それは、あなたがそう思ってるだけです」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

ホワイトカラーエグゼンプションで企業は淘汰される

ホワイトカラーエグゼンプションは、概ね労働者側から総スカンを食っていて、政府もそれを見て及び腰になっているのが現状のようである。

労働者側が反発しているのは、タダでさえサービス残業を強いられている現在の環境のままでホワイトカラーエグゼンプションが導入されれば、そのサービス残業が合法化されてしまうに過ぎないと言う危惧だ。

つまり、過労死するまでいくらでも働かされてしまうと言う恐れだ。

確かに、今までは労基法の縛りがあったため、企業側も好き勝手にはできなかった。ホワイトカラーエグゼンプションになれば、企業にしてみれば、法的な縛りも無くなり、経費を増やすことなくいくらでも働かせることができる。

私も今まではそういう視点で考えていた。

しかし、実際にそうなるだろうか?

本当に企業が好き放題にできるとしたら、その前提として、社員は会社に忠誠を誓っていて絶対に辞めないか、またはいくら辞められても同じだけの労働力をいくらでも確保できる。と言うことが必要だろう。

その前提は言うまでもなく、成り立たない。少子高齢化によって若い労働力は減る一方だ。

若い人は一時と違って長い間働きたいと思うようになっていると言うが、その一方で入社後3年で3割が辞めると言う現実がある。

企業が長く働いて欲しいのと同じように、社員も長く働きたいと思っている。でも、それができずに辞めていく。

そういうところで、お上のお墨付きが出たから、いくらでも働かせられる。しめしめ。なんてやっている企業は脳天気と言わざるを得ず、そんな会社からはますます社員の流出が加速するだけだろう。

ホワイトカラーエグゼンプションは、真に社員の能力を活かす環境とは何か?を考える企業、社員ひとりひとりの幸福を考える企業、そういう企業だけをふるいにかけて残す淘汰の仕組みとなるのではないか?

そう考えると、今の仕事のスタイルに合わなくなってきている労基法を改革するには、(確かに多少の痛みは伴うが)決して悪くない施策のような気がしてきたのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

長い休みであった

こんなに長く続けて休んだのは会社入って以来ではなかろうか?

この長い休みも明日1日を残すばかりとなったので、今日は長い休みの間何をしていたか振り返ってみるか。

12月30日 特に何もせず。お疲れ休み。
12月31日 いろいろ横浜に買い物。夜は実家で紅白を見る。
1月1日 朝から酒飲んで雑煮。
1月2日 年末できなかった掃除、片づけ。駅伝鑑賞。
1月3日 ゴミ出し。駅伝鑑賞。
1月4日 鎌倉に初詣。
1月5日 大桟橋に散歩。帰ってから少し仕事。
1月6日 天気悪いのでごろごろ。
1月7日 ビデオボード調子悪いのでヨドバシに買いに行く。

いけないのが、眠くなったら寝て目が覚めたら起きると言う生活をしていると、徐々に時間帯が後にずれていくのだ。
一時は午後2時就寝、9時頃起床のパターンになってしまった。

社会復帰できなくなるといけないので、今日は7時半に頑張って起きたゾ。

さて、後1日はその後の激務に備えてうだうだ過ごさせてもらうとするか。(ってずっとそうしてたってか)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

「残業代ゼロ」で早く帰る?

リンク: asahi.com:残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」-政治

長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増える

と安部総理はお考えとのこと。

と言うことはですよ。今のサラリーマンは残業代を稼ぐために長く働いているのであり、働いた分だけ残業手当をもらっていると言うことですね?

同じだけ働いても残業代がもらえないとなれば、皆長く働くのを止めて早く家に帰るようになると。

確かに現行の労基法では長く働くほど残業手当がもらえる。ことになっている。

だがいったいどれだけの企業できちんと残業代が支払われているのか、厚労省からの報告は耳に入っていないのだろうか?

日本人は金のためじゃなく責任や誇りのために働く。残業代が出ようが出まいが仕事が残っていれば最後までやる。

経団連はそれをちゃんと分かっている。日本人が働く限りサービス残業は絶対に無くならないのだ。

だから現状を合法化するには、残業と言う考え方自体を無くしてしまうしかない。それがホワイトカラーエグゼンプション提案の本質だ。

だからホワイトカラーエグゼンプションになれば、皆が早く帰るようになるなどと言うことはあり得ない。
従来は違法だった長時間労働が合法化されてそのまま継続されるだけだ。

安部総理の予測は現実を知らないおめでたいものであると言わざるを得ない。

そもそも人が金で動くと思っているところが根本的に間違っている。日本の勤勉な労働者に対して失礼である。

今年もこの件については、折に触れ書きたくなるはずである。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

◆緊急告知!!◆ 新春特別企画!「チャットしようぜ!」

と言うことでごく一部のプライベートで使っていた私のチャットルームを初めて公にすることに致しました。

このブログに訪れて頂いた方で、

「全ての出会いは偶然ではない。必然である」

を信じる方でしたら参加資格ありです。(笑)

JAVAアプレットを使ったチャットですので応答も早くて快適です。

URLは下記です。

私は本日21:00頃よりいますのでよろしければおいで下さい。

リンク: TODO'S CHAT ROOM

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大桟橋

巷ではかなり仕事が始まっているらしいが、大変申し訳ないことに私はまだまだ休みであるし天気も良いことであるので、今日はカメラ持って大桟橋まで行ってきた。

以前にこの場所を紹介した時には、外側しか見ていなかったので、今日はターミナルビル(と言うのがそぐわない不思議な建築物)の中を重点的にご紹介。

冬の寒い日には屋内でも充分海が堪能できる設計である。

Ohsanbashi1

Ohsanbashi4_1

Ohsanbashi3

Ohsanbashi2_2

自分撮りは決してあまりかなりお見せしたくはないのだが、ちょっと面白い写真になったので。

リンク: トップページ:横浜港大さん橋国際客船ターミナル


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

鶴岡八幡宮に初詣

鎌倉に初詣に行ってきた。

Turugaoka1

三賀日が終わったが八幡宮は、まだ結構な人出だ。

昨年改修工事が終わったばかりの舞殿は、金色に輝く屋根が眩しいほどで美しい。その前にはなんと巨大スクリーンが設置されていて、何を写しているのかと思ったら、「手斧始式」(ちょうなはじめしき)と言う由緒正しき儀式の生中継をやっているのだ。

Turugaoka2

リンク: 鶴岡八幡宮 | 祭りの意味 | 正月のお祭り

鎌倉と言う町は、古都でありながら、不思議と洋風なものも似合ったりする雰囲気がある。

伝統行事とハイテクのコラボレーションってやつ? これも鎌倉ならではのような気がするのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

新春お笑い劇場

と言うことで久しぶりにアメリカンジョークをお楽しみ下さい。

新米警官が,スピード違反の車を捕まえた。
「50キロオーバーですな。免許証を拝見します」
「そんなの持ってないよ。昔っからな」
「なんだって!無免許運転か・・・これはあんたの車なのかね?車検証を見せてもらおう」
「うんにゃ。盗んだ。車検証ならダッシュボードん中にあったな。さっき,拳銃をしまった時見た」
「拳銃だって!あんた,拳銃を持ってるのか?」
「ああ。車の持ち主の女を殺すのに使った」
「な・・・なんだと!」
「死体は,トランクに入れといたよ」

若い警官は真っ青になって,無線で応援を呼び寄せた。

30分後,駆けつけたベテランの警官に男は尋問されていた。

「まず,無免許運転だそうだが」
「免許証は,ここにちゃんとあります」
「・・・車を盗んで,拳銃がダッシュボードにあるそうだが」
「とんでもない!ダッシュボードの中は車検証しかないし,名義も私の免許証と同じでしょう?」
「うーむ。トランクに死体があると,聞いたんだが」
「そんなバカな!今トランクを開けますから見てください・・・ほら。カラッポじゃありませんか」
「おかしいなぁ。新米のやつは,君が無免許運転で,車の窃盗,拳銃がダッシュボードにあって, 死体がトランクにあると言っていたんだが・・・」
「とんでもない嘘つきですね。もしかして,私がスピード違反だとも言っていませんでしたか?」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

生搾りのCM

訳あって東海大を応援している訳だが、今日は残念であった。
順天堂の今井? ありゃ化け物だね。

と言うことで、駅伝の中でやってたCMが気に入ったのでご紹介。
下記で見れます。これ何度見ても笑える!(笑)

リンク: 生搾りCM「誰が入る?編」

Namashibori


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

「防波堤で見た景色」

まずは、あけましておめでとうございます。

今年も好き勝手に書いていきますので、よろしければおつきあい下さい。

さて、1年の計はと言う訳ではないが、今日はおとそもそこそこに、年末に買ったギターの練習を本格的に始めた。

30年前にノートに書きためた歌本も残ってはいるのだが、いざやってみようとすると、指が動かないと言うことよりも今歌いたいと思う歌ではない。と言うことに気付いた。

そりゃ確かに、20歳の自分と50を過ぎた自分では、歌いたい歌も、似合う歌も違ってきて当然だ。

じゃあ今ギター弾き語りで歌ってみたい歌は何か?

そう思って思いついたのが、BEGINの「防波堤で見た景色」だった。

こんな歌詞。

何があったか知らないけど
たまたまなんて 七年ぶりだろう
季節感のない服を着てさ
そっちはまだ 暖かいんだな

忙しい街だろう お祭りみたいだ
お前といたら不思議にそう見える
でもこの店のマスター 言ってたよ
東京生まれが 本当は田舎者だって

夢と現実は いつも少し違う
俺はどうだい あの頃とどこか変わってないか

授業中抜け出して 自転車置き場
約束なんか いらんかった

晴れた空 南風 それだけでいい
防波堤でただ 未来を波に浮かべて

少しずつ動くようになった指がうれしい。
これから少しずつ、自分に合った歌を探していく。

そんな楽しみが見つかった気がする。

B00005GDGB防波堤で見た景色
BEGIN カラオケ
テイチクエンタテインメント 1998-08-12

by G-Tools

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »