« ギターをたくさん練習する | トップページ | 穴埋め小ネタ »

2007年1月15日 (月)

日本の歌百選

文化庁が主催して未来に歌い継ぎたい日本の歌を100曲選んだそうな。

リンク: 親子で歌いつごう 日本の歌百選

良い歌なんてのは、人それぞれで、お上に決めてもらう必要なんてぇのは余計なお世話だ。くらいに思って見てみたら、そこそこ良い選曲でないの。

子供の頃に歌ったきり忘れかけていた歌や、最近の曲まで。もう一度口ずさんでみれば、ああやっぱり良い歌だと誰もが思えるような曲が選ばれていると思った。

諸兄はどのようにお感じになっただろうか?

|

« ギターをたくさん練習する | トップページ | 穴埋め小ネタ »

コメント

 曲名をみていると どんな歌なのかわからないのが何曲かありました。
きっと聞くと「あぁ..これ」ってわかるのかも知れませんね(^-^;)
下方のエピソードを読んで ウルウルきてます(笑)
こういうの 弱いんだよね・・・(;^_^A アセアセ

投稿: EKO | 2007年1月16日 (火) 08時44分

>EKO

うんうん。俺も題名は見覚えあるのに曲が思い浮かばないのがいくつかあった。そういう曲って聴いたとたんに懐かしさがこみ上げるんだろうね。
そうかエピソードにはまったか。(笑)

投稿: TODO | 2007年1月17日 (水) 21時44分

まず、“役所が選んだ歌を親と一緒に歌わなくても、一緒にカラオケに行くことが出来ればいいのでは…”というのが亀さんの最初の感想でした。
しかし、亀さんは、百選に選ばれた歌を見ながら、自分自身の歌の歴史を回顧し、色々とその時代、その時代を思い起こすことができましたことには感謝しました。ただ、101曲のうち、「花の街」は分かりませんでした。
自分のブログに、そのことを書かせていただきました。
http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: 亀さん | 2007年2月 1日 (木) 00時23分

>亀さん

初めまして。ブログも拝見しました。
私よりちょっと上の世代とお見受けしましたが、いろいろなことへの熱い思いを語っておられる、すごい充実したブログですね。
親子カラオケは我が家でも子供がもう少し小さい頃には良く行きましたが、さすがに最近は行かなくなりましたねえ。
子供だけは友達同士で時々行っているようですが。

投稿: TODO | 2007年2月 1日 (木) 20時11分

TODOさんへ
私達は、団塊世代の還暦オトコ3人で、共同でブログをしています。
私達のブログでも、TODOさんのコメントを期待しています。

投稿: 亀さん | 2007年2月 1日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/13500142

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の歌百選:

» 日本の歌百選と団塊の世代の青春時代の歌 [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―鐘が鳴る丘、いつでも夢を・高校三年生、      グループサウンズ・フォークソング…― 文化庁が1月14日、「親子で歌いつごう 日本の歌百選」を発表(注1)。世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配した河合隼雄同庁長官が発案。選ばれたのは101曲(なぜ100曲ではないの?)。戦前からの文部省唱歌、童謡が多いが、戦後の曲も歌謡曲を含め38曲選ばれている(注2)。 まず、“役所が選んだ歌を親と... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 00時28分

« ギターをたくさん練習する | トップページ | 穴埋め小ネタ »