« Wii楽しい! | トップページ | ソ・ヨンウン / Romantic 1 »

2006年12月24日 (日)

今夜の仕事

進入経路はたいてい勝手口だ。表は鍵が複雑だし、派手な色の服を着て玄関先をうろつくのもまずい。この家は暖炉が無いし、ガラスに穴を開けるのはさすがに気が引ける。というわけで勝手口をピッキングするわけだが、これがなかなかつらい。北国の生まれだが手袋を外せば手先がかじかんでうまく動いてくれない。よし、やっと開いた。静かに扉を開いて中にすべり込む。かさばる荷物が邪魔だがこれも仕方ない。おや、どうやらまだ起きているのがいるらしい。居間らしき方角から話し声がする。男と女。言い争うような調子だ。静かに行動すれば気づかれずに二階へいける。ゆっくりと、慎重に。
「どうしてこんな遅くまで飲んでるんですか。連絡もせずに」
「うるさいなあ。水を持ってきてくれよ」
「裕明は遅くまで起きて待ってたんですよ」
「付き合いがあるんだよ。仕方ないだろう……」
階段の一段目に足をかけたところでミシリと大きな音がした。いかん、気づかれたか。いや、大丈夫。話を続けている。
「頼んでいたものは買ってきてくれたんですか」
「明日買えばいいだろう」
「明日じゃ意味ないじゃありませんか」
「うるさいなあ。どうだっていいだろう。水くれよ。水……」
二階にたどり着いた。左手に扉が一つ。右手に二つ。左のは夫婦の寝室だろう。
右の手前を試してみることにした。顔の幅だけそっと開ける。小さなベッド。
サッカーボールにきかんしゃトーマス。子供部屋だ。よし、時間を無駄にするな。
中に体を滑り込ませると、まず奥の窓を開けて脱出の合図を送る。それからベッド脇に引き返し、荷物を探る。男の子。六歳か七歳――おっといけない、子供が目を覚ました。

裕明が目を開くと、まず派手な赤い色が目に入った。それからひげ面の顔。
驚いて声を出そうとすると、その人物はしいっとくちびるに手を当てて制し、袋から包みを取り出して枕元にそっと滑り込ませた。
「おやすみ。いい子でな。メリー・クリスマス」
サンタクロースはそう言い残すと、窓枠をひらりと越えてトナカイのそりに飛び乗り、クリスマス・イブの夜空へと駆け上がっていった。

なんかこの話、すごく気に入ってます。出典は例によってこちら

|

« Wii楽しい! | トップページ | ソ・ヨンウン / Romantic 1 »

コメント

TODOさん、Aloha・・!。

あぁ・・、その話の元は自分です・・・。

覚えていますか・・?、去年のイブの晩・・。
凄く寒い夜だったんです。

自分は行き付けのガソリンスタンドで”トナカイ”
に給油をしながら・・、
「空の上は凍える位、凍てつくだろうな・・・」
って呟いていました。

今年は天気も好く、去年に比べればウンと楽です。

じゃ、これからサンタのアルバイトに行って来ます。


Happy Holiday・・!。

今宵、貴方に素敵な幸せが
舞い降ります様に・・・。

December 24,2006 jazz

投稿: jazz | 2006年12月24日 (日) 11時06分

>jazzさん

トナカイはガソリンだろうか? 空飛ぶからジェットエンジンだとすると軽油かな? いずれにせよイブの1晩で世界中を飛ぶとどれくらい燃料代かかりますか?

投稿: TODO | 2006年12月24日 (日) 17時55分

サンタさぁぁ~ん、私のお願いはひとつだけ。
一緒にどっか遠くへ連れてって~~~ (それができないなら、仕事片付けてって~)

投稿: hirorin | 2006年12月24日 (日) 20時08分

>ヒロリン

ヒロリンを一緒に連れて行くのは定員オーバーなので無理。仕事は忙しいから手伝えない。
仕事をどっかに連れてくので良ければ頼まれてもいい。
とサンタが申しておりますがどうしますか?

ただしその後路頭に迷うところまでは保証しないとのことです。

投稿: TODO | 2006年12月24日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/13179876

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の仕事:

« Wii楽しい! | トップページ | ソ・ヨンウン / Romantic 1 »