« 業者からのメール | トップページ | Wii楽しい! »

2006年12月22日 (金)

年功制の復活?

リンク: asahi.com:新入社員、3割が「今の会社に一生勤めたい」

だそうだ。

しかも終身雇用とともに年功型賃金を望んでいるのだそうだ。

これからは、何でもやります。一生居させて下さい。そのかわり給料は毎年少しずつ上げて下さい。って若者ばかりになるってことだろうか?

おい君達。ちょっと待て。

旧き良き時代には、長く勤めていればポストでそれに報いることができた。つまり給料も上がると言うことだ。でもそれをやっていると人件費は年々増える一方だ。それを支えるだけの業績の向上が前提条件なのだ。

でも今はそれは無理。ではどうするかと言うと、永続的なポストの代わりに、半期単位で現金で精算させてもらう。それが君達が嫌う成果主義と言うものの正体だったのだよ。これはもうどうしようもない企業側の都合なのだ。

しかもこれからは少子化で企業内もどんどん高齢化が進むから、だから、悪いけど、気の毒だけど、君達が求めているものは、無理。

じゃあどうするか?

私が思うには、これからは企業の側も就職する側も、長く勤めると言うことに価値を置くのは止めにしないといけないのじゃないか。

企業の側も、似非成果主義をやりながら、良い社員には長く勤めて欲しいと言う矛盾した本音を持っている。

それをもう止めなくちゃダメだ。一生面倒見れないんだったら、社員にも自由にさせなくちゃ。

社員も企業にしがみつこうとせず、包丁一本さらしにまいて渡り歩く覚悟を決めなくちゃ。

そういうことを考えると、新卒社員の3割が3年で辞めると言うのも、決して嘆かわしい風潮ではなくて、実はそれが健全な動きなのかも知れないとさえ思えてくる。

むしろ今の若者が「一生勤めたい」なんて言う方が、よほど不健全に思えるのだ。

|

« 業者からのメール | トップページ | Wii楽しい! »

コメント

うん、私も一生働きますなんてありえないと思う。それでもね・・この前高校生に講座するときに、「3年はがんばってやめないで欲しい」と訴えました。
キャリアアップするためにも、1年でやめたら次の再就職活動にはなんのアピールもできない。どんなにイヤな環境でも、そこでどれだけ戦えたか、実績を作れたかで次にもっと良い仕事を見つけることができると思うんですよね~
でも、この話、何も社会を知らない高校生には結構響いたみたいです。あと、15万円の給料も、手取りは11万くらいになってしまう・・でも、会社は18万くらい払ってるから、みんなも18万円働くくらいの気持ちがなかったら会社は納得しないって、すごくビックリしてた♪

投稿: hirorin | 2006年12月22日 (金) 22時06分

>ヒロリン

そうそう。賛成。俺も息子にはそう言ってる。

会社なんて入ってみないと分からないから、入ってみてあちゃーってことは当然ある。だけど、3年は頑張ってみろ。どんな会社でどんな仕事しても正社員としてそれなりに責任を与えられて仕事をしていれば、絶対に何かしら身に付く。ほんとにダメな会社でも、どんな会社がダメなのかが勉強できる。
3年経てば、自分がやりたかったことが何なのかも分かってくる。それから選び直しても遅くない。むしろそうしろ。

フリーターだけは絶対ダメ。会社はバイトを育てようなんて気はさらさらない。バイトでキャリアを積むなんてことは絶対できない。どんな会社でもいいから正社員として働け。

新卒のときは一生に一度のチャンスだ。思いっきり悩んで、そして絶対にどこかに入社しろ。最後は勢いでもいいから。

ってね。

18万の話、そういうことってほんとに企業の中を知らないと想像もできないだろうね。いいこと講義してますな。

投稿: TODO | 2006年12月23日 (土) 00時02分

>新卒のときは一生に一度のチャンスだ。思いっきり悩んで、そして絶対にどこかに入社しろ。

このフレーズ、ちょうだい。

投稿: hirorin | 2006年12月23日 (土) 11時42分

>ヒロリン

後で使用許諾同意書と請求書を送っておきます。

投稿: TODO | 2006年12月23日 (土) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/13151037

この記事へのトラックバック一覧です: 年功制の復活?:

« 業者からのメール | トップページ | Wii楽しい! »