« ダメな映画も見る | トップページ | 人類の遠い未来 »

2006年11月 8日 (水)

ダメな音楽はあるか

昨日は「ダメな映画」について書いたが、じゃあ音楽ならどうか。

ちょっと考えたところ、音楽って映画とは違うかなと言う気がするのだ。

一度見てダメだった映画を見直しても、やっぱりダメだと思うのだが、音楽の場合は、しばらく時間が経ってから聴き直してみると、「あれ?これ結構良かったじゃん」てことが何度か経験あるのだ。

この違いは何故だろうと考えてみた。

たぶん、映画と言うのは視覚、聴覚、言葉と言うあらゆる能力や感覚を総動員して鑑賞しなくてはいけないので受け取る側に想像力で補う部分がないのだが、音楽と言うのは耳から入ってくる情報だけなので、それを頭の中で想像力で補って世界を感じ取ることをする必要があり、だから受け取る側の心理状態や想像力が働く状態であるかどうかなどによって感じ方が大きく変わってくると言うことなのではないかと思う。

かように音楽にはダメと決めつけられるものは無く、感じ方次第と言うことに思えるのだが、やはり映画にはダメと言うものが存在するように思う。これは何故か?

おそらくだが、映画と言うのは撮影、脚本、セット、演技、音楽、音響、編集・・etcと言った非常に多くの要素が集積された総合芸術であり、そのどれかが欠けても良い映画にはなりえないと言う難しさがあるからではないだろうか?

音楽ならギター1本の弾き語りだけでも素晴らしい音楽になることができるが、映画ではそうしたことはあり得ないのだ。

その分、全ての要素を兼ね備えた良い映画は、まるでもう一つの人生を疑似体験したかのような強烈な感動を人に与えることができるのではないか。

それが出来ることが映画と言うものの素晴らしさなのかも知れない。

おや? 今日は音楽について書くつもりがいつのまにか結論は映画の方になってしまった。(笑)

|

« ダメな映画も見る | トップページ | 人類の遠い未来 »

コメント

20年前にいとこの車に乗ったら沖縄民謡が流れていて「なんじゃ、こりゃダメダメ~」と思ったけど、今は自分が車で沖縄民謡聞いてることがある・・
昨日はチューリップの心の旅を聞いていて、昔は意味もわからずただリズムなんかで「良い感じ」と思っていたのに、しみじみ聞いてたら今は切なさ倍増~~ 泣いちゃう!
と思いました。

やっぱり歌ってスゴイ。映画と違って短時間にひたれるお手軽さも良いです。

投稿: hirorin | 2006年11月 9日 (木) 11時23分

>ヒロリン

うんうん。
特に昔の歌って、その頃よりも今聞くと、まるで今の自分のために歌ってくれている曲じゃないかと思うことが、ままありますな。
大人になって分かるようになってきたって事かも知れないけどね。

投稿: TODO | 2006年11月 9日 (木) 18時31分

音楽の場合、そんなに好きじゃなくても人から勧められたり、好きな人が聞いている音楽だったりすると、聞いてみようかな~からいい音楽に思えてきたりしますね。僕は車では常にラジオを聞いて走っているので、景色と音楽がマッチした時なんかは最高の気分になれます♪

投稿: salmon | 2006年11月 9日 (木) 20時49分

>サーモンさん

私はクルマ運転しないのですが、昔友人の車に乗せてもらっていた時、雨が降っていて、窓にあたる雨をぼんやり眺めていたら、その時にカーステレオで丸山圭子がかかっていて、ものすごくそのときの情景に合っていたのを思い出しました。
そういう瞬間って、まるで映画の良いシーンを見ているみたいな感動が味わえますよね。

投稿: TODO | 2006年11月 9日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/12609426

この記事へのトラックバック一覧です: ダメな音楽はあるか:

« ダメな映画も見る | トップページ | 人類の遠い未来 »