« 正直少々忙しい | トップページ | 明るい職場 »

2006年10月18日 (水)

エリック・クラプトン

たまに、自分の精神は清いものだけでなく、少し汚れたものを好むことがある。

薄暗い地下のクラブに似合うようなジャズ、例えば曲名で言えば Round Midnaightとかさ。

決して成功している人間が言う言葉じゃないことばかり言ってるような歌詞のブルースとかさ。

クラプトンを聴きたくなる時も、ちょっとそんな感じの時かも知れない。

バーボンをグラスに注ぎながら。

6305610460Eric Clapton And Friends - In Concert / A Benefit For The Crossroad
Eric Clapton
Wea/Warner Bros. 1999-10-26

by G-Tools

このライブは結構好き。

ゲストのデビッド・サンボーンが、ソロを取ろうとすると、クラプトンが邪魔して弾くもんだから、サンボーンがめいっぱい高音域でブローアップ。「あんたにゃ負けたよ」と言う表情で笑ってみているクラプトンの表情がまたライブの醍醐味。

なんと言ってもこのライブの白眉は最後に迎えたボブ・ディランとのコラボレーションだろう。

Bob_eric

でもね、クラプトンの中で一番好きなのはこれ。
このクラプトンは清廉なので、ダメダメ状態の時じゃなくて、ちゃんとしたときにちゃんと聴きたい。

6304498969Unplugged
Eric Clapton Milton Lage Nathan East
Wea/Warner Bros. 1997-05-21

by G-Tools

|

« 正直少々忙しい | トップページ | 明るい職場 »

コメント

忙しくてお疲れ気味のときに聞くのと、楽しい時に聞くのとでは同じ音楽でも違って聞こえるってことがあるので、それはそれでまた興味深いです。

クラプトンもいいけど、私にとっては「クリプトン」の方が身近です。あ、電球のことね。私の家はあちこちクリプトンランプがあって、次々切れるので交換してばかり・・

投稿: hirorin | 2006年10月19日 (木) 01時57分

エリック・クラプトン好きです。
たまたま手にしたCDが気に入って、他にもう一枚買いました。
エリック・クラプトンとBBキングのCD「RIDING WITH THE KING」がお気に入りです。
でも、ご本人をよく知らないんですよね。
ちょっと前に曲を出して、それが彼にとってはめずらしい幸せな歌だと聞いたくらいかなぁ。
最近の曲は聴いていないですが、持ってるCDは何度も何度も聞きました。

投稿: ひろ | 2006年10月19日 (木) 14時01分

このライブ、チェックしてませんでした。思わぬラッキーです。デビッド・サンボーンとはすごいジョイントですね。でもクラプトンはやっぱりチャーリー・パーカーと演りたかったのかな?なんてことも考えちゃいます。
ちょっと深酒になった時は、ヤードバーズの「FIVE LIVE YARDBIRDS」なんてのもイイのでは?

投稿: 221b_Bakerstreet | 2006年10月19日 (木) 16時34分

>ヒロリン

何? リプトン紅茶がお好き?
え?違う? なんだプランクトンが好きって言ったのかあ。

>ひろさん

私もクラプトンを聴き始めたのはつい最近なので、昔のハードなロックをやっていた頃は知らないのです。でも、今の彼が好きなのでそれでいいと思っています。

>221b_Bakerstreetさん

デビッド・サンボーンとクラプトンは仲良いみたいですよ。
サンボーンのスタジオセッションに、逆にゲストでクラプトンが招かれていると言うライブのDVDもあります。
David Sanborn & Friends THE SUPER SESSION II です。

投稿: TODO | 2006年10月19日 (木) 22時29分

TODOさん、Aloha・・!。

このDVDは両方持っていますよ〜・・!。
あと、ハイドパークのやつも。

で、・・・自分
デビッド・サンボーンも好きなんすよ・・!。
東京のブルーノートに見に行った事が有ります。

ひろさんが書いているBBキングとのデュオCD
も大好きで、二人でツアーに出ないかな・・・?
(出来れば小さいライブハウスで・・・)
って真剣に願っていました。
(アメリカでは二人のライブは有ったようですが)

「Round Midnaight」・・・勿論、1955年の
マイルスのクインテットで・・・。
バーボンはワイルド・ターキーのロックを
ダブルで・・・。

ではでは、Mhalo。

投稿: jazz | 2006年10月22日 (日) 11時02分

>jazzさん

さすが押さえてますね~!
サンボーンはジャズよりもバラードボーカルのバックで切々としたソロを取るのが最高ですね。
昔のリンダ・ロンシュタットやマイケル・フランクスなんかのアルバムを思い出します。

そうだ、バーボン切れてたんだ。
秋だし、仕入れておくか。

投稿: TODO | 2006年10月22日 (日) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/12301102

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・クラプトン:

« 正直少々忙しい | トップページ | 明るい職場 »