« 蚊から見た人間 | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »

2006年9月 8日 (金)

良い音

うちのパソコンにはちょっと良いスピーカーを繋いである。

Speaker

これは良くあるパソコン用のアンプ内蔵スピーカーではなくて、普通のオーディオ用モニタースピーカなので、駆動するには別途ステレオアンプが必要で、この写真の上部に位置する棚の上にSONY製のステレオアンプがある。

パソコンからの音を聴くにはいささか贅沢なスピーカーであるが、私の場合目下のところパソコンがオーディオシステムも兼ねているので、決して贅沢と言うことでもない。

これで日々ジャズやら韓国ポップスやら聴きながらパソコンやってる訳であるが、この音と言うやつが、日によって結構違って聞こえるのだ。

日によってすごくざらついて聞こえたり、しっとりと良い音に聞こえたりする。
経験上、湿度の高い日の方が良い音がするように思う。それから自分自身も風呂上がりで湯気が立っているような状態の時には、良い音に聞こえるように感じる。

音を鳴らすコーン紙は乾いている方が反応が良いだろうから良い音に聞こえるような気がするのだが、そういう訳でもないらしい。

こういうことは楽器でもあって、ギターなんかは日によって本当に鳴り方が違う。電子ピアノはそういうことが少ない。

やはり、アナログ的な機器、と言うか紙や木と言うものが振動して音を出すと言うやつは、デリケートでちょっとした環境で音が変わってくると言うことなのだろう。

こういう超アナログの世界と言うのは、すごく人の感情や体温のリズムと共感する気がして、人の心に影響するような気がするのだ。

|

« 蚊から見た人間 | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »

コメント

以前広告代理店にいた関係で印刷についても知っていますが、気候が紙に影響を及ぼすことがかなりあって、大変気を使いました。つまり伸び縮みですよね!でもそういう自然の摂理みたいなものを知っていることは、とてもいいことだと思いますね。機械も人間も微妙なものですからね~

投稿: salmon | 2006年9月 9日 (土) 09時05分

アンプも 真空管の時代には 湿気とか 気候に左右されたような・・・
このへんは やっぱめざのコメント待ちでしょうか?

投稿: はぼっく | 2006年9月 9日 (土) 10時13分

>サーモンさん

なるほど。紙や木を扱う仕事をしている人は、そういうことを身体で知っているんでしょうね。デジタルなものにだけ囲まれている生活だと、そういう「呼吸する物体」みたいなものが分からないですよね。

>はぼっく

真空管ってどうなんだろ? 真空管の中は真空だから、湿気とかで変わることはないような気もするが・・・。

投稿: TODO | 2006年9月 9日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/11814857

この記事へのトラックバック一覧です: 良い音:

« 蚊から見た人間 | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »