« チャン・ナラ | トップページ | 電車が止まった »

2006年5月10日 (水)

傘がない

毎朝会社に行く途中でセブンイレブンに寄る。

今朝はちょっと小雨が降っていたので、さしていた傘をコンビニ前の傘立てに入れて店に入ったのだが、出るときに見たら、傘がない。

わずか3分ほどの間だったのだが、おそらく似た傘を持った人が間違えて持って行ったのだろう。傘立てには明らかに私の傘に似た傘が置いてあったのでまず間違いない。

仕方ないのでその傘を自分の傘と言うことにして持って行ったのだが、こういう場合、私のしたことは窃盗になるのだろうか?

当事者同士が直接会うなりして交換した訳ではないが、勝手な誰かが私の傘と自分の傘を交換したいと思って、先に私の傘を持っていったので、仕方なく私がその交換に応じたと言うだけではないのか?

そう考えれば決して窃盗ではないと思うのだが、ここは一つ行列のできる法律相談所でぜひ取り上げて頂きたいと思う。

|

« チャン・ナラ | トップページ | 電車が止まった »

コメント

大変でしたね。でも相手の方は、探せませんものね。
息子達の学校も…それはそれは~凄いです。(笑)
女の子はまだしも、男の子は『カン』で自分の傘を持ち帰るのか、
ひどい時には3日に1度しか、自分の傘が戻らないのね。( ̄∇ ̄;)
>私のしたことは窃盗になるのだろうか?
息子の学校って…窃盗団の巣箱?(笑)

投稿: かりん | 2006年5月11日 (木) 08時11分

私も先日、ベージュの地味な傘で同じことがありました。飲んで帰るときだから、まぁよくあることなんですけど・・
私のはお酒の景品でもらった安物だけど、残っていた似た傘は広げてみたらしっかりした骨組みの良い傘だったので得しちゃいました。が、どこのどんなおじさんが使っていたかと思うと・・複雑です。

投稿: hirorin | 2006年5月11日 (木) 15時55分

以前、おまわりさんから窃盗の疑いをかけられた私。あえて言わせて頂きますが、もしまちがえられた他人の傘をさしていて「あっ◯◯さんの傘だ、どろぼー!」と叫ばれた時、きちんと説明出来るのでしょうか。〇〇さんが先に間違えて持って行ってしまったのだと証明出来ないと…。証人を作っておいたほうが良いと思います。「あ~困ったな~誰かが持ってっちゃたよ~仕方ないからこれ持って行くね~」と、お店の人の記憶に残る様にしてアリバイ作りを私はします。だって、とっても怖い世の中なんだもの。けけけ。

投稿: ねこまんま | 2006年5月11日 (木) 16時54分

このところ雨が続いてますね、また週末も雨みたいです。
僕も傘を取られた経験があります。高価な傘ではなかったのですが、人に貰った大事な傘だったのでショックだった。それからは出来るだけ持っているようにしています。でも、基本的に傘を差すのが好きではないので、今日のように午後から曇りの場合は、会社の駐車場から走って出社しています。
セブンイレブンでのTODOさんの様に確信が持てたら僕も同じ事をしたかもしれませんが、もしかしてお店の中にこの傘の持ち主がいるかも?と考えるとちょっと勇気が必要だー。

投稿: salmon | 2006年5月11日 (木) 20時06分

>かりんさん

学校の場合は間違っても明日また傘立てに返しておけば持ち主に戻せるってことがあるから気が楽なんじゃないでしょうか。
お互いが了解していれば個人の所有権を放棄した共同利用社会ってのも窃盗団の巣窟にならず良い考えかも?(笑)

>hirorinさん

俺がかわりに持って帰った傘はちょっと骨が曲がっていてはずれだった。やっぱ元の傘返して欲しいぞ~。

>ねこまんまさん

いやそういう陽動作戦もまたそれなりにリスクがあるかと。
その後調査した結果では、やはり理由は何であれ持ち主に断り無く持って行った場合は窃盗になるみたいですな。

>サーモンさん

大事な傘はダメージ大きいですね。私の場合500円の傘ばっかりだからそういう意味のダメージはないのですが。
「もしかして持ち主がいるかも?」と考え始めたら持って行けないですね。そこでキョロキョロしたら挙動不審になりますので、さも当たり前のように脇目もふらずすっと取ることをお奨めします。(笑)

・・・この話題、これ以上書くと犯罪幇助の罪でブログ閉鎖になりそうだからやめとこ。(笑)

投稿: TODO | 2006年5月11日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113165/10009617

この記事へのトラックバック一覧です: 傘がない:

« チャン・ナラ | トップページ | 電車が止まった »